GoPro、ドローンビジネスから撤退
Image: Faiz Zaki / Shutterstock.com

GoPro、ドローンビジネスから撤退

うまいマッチだと思ったのにね。

GoProが、自社のドローン「Karma」の製作中止を発表し、ドローンビジネスから撤退することが明らかになりました。撤退が発表された2017年第4四半期レポートでは、2017年の同価格帯のドローンでシェア2位となるも、激戦業界であること、ヨーロッパ&アメリカでの規制がより厳しくなっていくだろうことを撤退理由にあげています。

GoProが、自前のドローンを作ると聞いたときは、とても自然な流れに思えました。なんせ、アクションカメラとドローンのコンビは相性抜群。たくさんの美しい空撮映像を世に送り出してきましたから。が、まさかリリースから数年で、ビジネスそのものから撤退することになろうとは、あの時は予想もできませんでしたね。

GoProブランド初、そして最後となってしまった、Karma。発売されたのは2016年10月でした。しかし、発売前はプロジェクトの度重なる遅れ、発売後はバッテリー問題によるリコールなど、ほんの数年といえども、多くの壁にぶち当たっていました。昨年、2月に問題が解決し再リリース、いよいよこれから…とはなりませんでしたね。



Image: Faiz Zaki / Shutterstock.com
Source: techradar, GoPro

(そうこ)