スイスのApple StoreでiPhoneが発火、7人が怪我

  • author そうこ
スイスのApple StoreでiPhoneが発火、7人が怪我
Image: Stadtpolizei Zürich

スイスのApple Storeにて、iPhoneのバッテリが異常過熱し、発火する事故が発生。店内にいた7人が怪我、約50人が避難しました。発火したのは、iPhone 6Sのバッテリ。修理のために、iPhoneのバッテリを取り出そうとしていてたAppleジーニアスの手元で発火。ジーニアスは砂をかけて対応したものの消火にはいたらず。ジーニアス自身も手に軽度の火傷を負いました。チューリッヒ警察の発表では、怪我を負った7人は病院に搬送されたものの、入院を要するような大事に至らなかったということです。バッテリが発火した原因については、現在調査中。

mfzbh04ejll17tibc7jc
Photo: Stadtpolizei Zürich

スマートフォンの発火事故は、しょっちゅうとまでは言いませんが、たまに起きること。記憶に新しいものでは、2016年のSamsungのGalaxy Note7問題。リコール飛行機内持ち込み禁止などで、世界中に大きな影響を与えました。Galaxy Noteの影に隠れていますが、iPhoneの発火事故だって0ではありません。例えば、iPhone 4のバッテリが発火し家事になったとして、昨年、ウィスコンシン州の女性がAppleを相手取り裁判を起こしています。

スマートフォンで一般的に使用されているリチウムイオン電池。こいつがなぁ、発火しやすいことでお馴染みなのですよね…。

Image: Stadtpolizei Zürich
Source: CNN

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

powered by