韓国の小学校で4年生バンドがダフト・パンクの『Something About Us』をカバー

  • author 岡本玄介
韓国の小学校で4年生バンドがダフト・パンクの『Something About Us』をカバー
Image: s.s.kyo/YouTube

カンゼンに先生の趣味でしょうけれどもGJ!

小学校の音楽の時間は、みんなで歌集の曲を歌ったり発表会のために古典的な合奏の練習をさせられたりしたものです。ですが選曲はドレも古臭く生徒たちだって好きでやっていたワケではないんですよねぇ。

一方、韓国のテグ広域市にあるナムソン小学校では、4年生のクラスにダフト・パンク『Something About Us』を合奏させるという、トンガった授業をしているようです。

Video: s.s.kyo/YouTube

バッド・ガールがキーボードを叩いていますね。

子供たちにとっては、まだオトナの音楽かもしれませんが……教科書に載っているありきたりの曲より楽しく演奏できそうですよね。

この映像を公開したs.s.kyoさんは小学校の教師で、彼が子供たちに演奏を教えているようです。他にいくつも動画がありますが、中には生徒が自由にPioneer DJで遊んでいる姿などもあります。私もこんな先生に巡り会いたかったなぁ。

Video: s.s.kyo/YouTube

ほかにも韓国には、サックスで艶っぽく叙情的にボン・ジョヴィの名曲『Livin' On A Prayer』を吹く少年もいますし、たまにこういうシャレたキッズが潜んでいるようです。



Image: YouTube
Source: YouTube(1, 2) via Laughing Squid via The Awesomer

岡本玄介