今世紀最大の噴火は海底でひそかに終わっていた…

  • 21,523

  • author 山田ちとら
今世紀最大の噴火は海底でひそかに終わっていた…

地球に残された最後のフロンティア、深海。

じつは、今世紀最大の噴火は深海で起きていたんです。当時はだれも気づいていなかったんですけどね…。

はなしは2012年にさかのぼります。衛星画像により、ニュージーランド沖に浮かぶふしぎな岩が発見されました。それは日に日に大きさを増し、最終的に400平方キロメートルという東京ドーム3つぶんぐらいの巨大なかたまりに成長。その正体は海底火山Havre(ハブアー)から排出された軽石流堆積物でした。

さっそくタスマニア大学のRebecca Carey氏率いる研究者チームが調査に乗り出し、無人潜水機「Sentry」と遠隔操作探査機「Jason」を送りこみました。軽石流堆積物の量からしてかなり大規模な噴火が起きているとはずだ、と期待されたんですが、実際のHavreの様子はその期待を完全に裏切るものだったそうです。

1801117_exploring_havre
ハブアーの海底火山から火山物質を収集するROV Jason
Image: WHOI via Gizmodo US

火口からドッカーン!とマグマが噴き出す地上の噴火とはうって変わって、Havreはこんもりと盛り上がった中央火口丘から、ただただ静かに溶岩を流しているだけでした。これが人類が初めて目にする大規模な海底火山の噴火…だったはずなのですが、時すでに遅し。噴火は見られなかったそうです。

「もっと前にたどりついていれば海底火山の噴火を一部始終見届けられたかもしれない。もしくは逆に噴火自体なかったかもしれない」と話すのは米ウッズホール海洋研究所から今回の共同研究に参加したAdam Soule氏。「深海では水圧が非常に高いため、爆発的な噴火には至らなかったのかもしれない」そうです。また、「深海を対象とした研究で予想がくつがえされるのはよくあること。現地に到達してみて初めてわかることが多くある」とも。

このように、現時点で海底火山について知られていることは多くありません。海底火山は地球のマントルから突き上げてくるマグマのじつに70%も排出しているにも関わらず、まだまだ謎がたくさん残されているそうです。今回Havreで観測されたデータは今月Science Advances誌に発表されました。なぜ軽石流堆積物には浮かぶものと沈むものがあるのか?水深がどのように噴火に影響するのか?など、新たな研究を育む「なぜ」が全世界の火山学者の更なる探求心をかきたてています。

それに、もしかしたら噴火を目撃していたのにも関わらず気づかなかっただけかもしれないって可能性もあるわけで。実際海底でなにが起こっているのか誰もわからず、論理的なモデルすら存在していないのが現状だそうです。

最近ではインドネシアのバリ島や、フィリピンのルソン島でも大規模な火山の噴火が相次いでいます。インド・オーストラリアプレート沿いの海底でなにかが起こっている証拠なのでしょうか…。Havreの近くで再び海底火山の噴火が起こる可能性もじゅうぶんにありえそうです。



Image: Woods Hole Oceanographic Institution via Gizmodo US
Source: Science Advances

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(山田ちとら)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ