充電が5%以下のときのみに使えるチャットアプリ「Die With Me」は切なさと楽しさが混ざり合った新たな地平

  • author Doga
充電が5%以下のときのみに使えるチャットアプリ「Die With Me」は切なさと楽しさが混ざり合った新たな地平
Image: Die With Me

刹那的なつながりを。

スマホの充電が切れたら悲しい...だからみんな切れないよう定期的に充電する...。もはやこの習慣ってあまりにも当たり前すぎて、充電が切れる瞬間について考えたことのある人ってどれくらいいるんでしょうか?

今、充電が5%以下になったときのみ使える「Die With Me」というチャットアプリがネットでちょっとした話題となっているんです。このアプリは、5%になったときのみログインできるチャットルームのような空間で、会ったことのない、けれど同じ境遇をともにしている、見ず知らずのユーザーとチャットしながら最後のひとときを楽しむことができるというもの。

チャットルームでは「Bye!!」「Have a good night!!(おやすみ)」「Bye online world!!(さようなら、オンラインの世界)」「I need a hug!(抱きしめて)」と、おのおのが文字どおり残りのエネルギーをふりしぼった思いを書き込んでいます。


Video: Dries Depoorter/YouTube


9to5Toysによると、このアプリのアイデアの背景には、イライラしがちな充電が切れる瞬間をできるだけポジティブなものに変えたいという開発者の思いがあるんだそう。

書き込んでいる最中にフッと落ちてしまう瞬間はなかなか趣があると思いませんか? チャットルームにいる人たちが、コメントが返ってこない様子に「あ、先に行っちゃったんだね」と心の中で察する様子もこれまた趣があります。ちなみに、アプリはiOSAndroid対応で120円です。

そもそも5%になる前に充電するという人も多いと思いますが、あえてこの刹那的な瞬間に身を投じてみては?



Image: Die With Me
Source: Die With Me,9to5Toys, YouTube

(Doga)

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ