撃った後がめんどくさそう。時速112キロでスポンジ弾を連射できる大人のミニガン

  • author 中川真知子
撃った後がめんどくさそう。時速112キロでスポンジ弾を連射できる大人のミニガン
Image: Captain Xavier / YouTube

大人の本気を見た!

みなさん、ナーフのシューティングガンってご存知ですか? スポンジ製のソフト弾をつかったおもちゃです。我が家にも5歳の息子用に大小2種類のブラスターがあるんですが、ガチャン、ブシュ!!とやる感触が本格的(多分)で、子供よりもむしろ私の方がハマってます。ほら、アクションスターになった気持ちになれるし…。

まぁ、そんなナーフのシューティングガンなんですが、時速70マイル(時速112キロ!)で弾を発射できる70 MPH Rival Blaster」というモデルを改造して連射可能にしちゃった猛者がいます。

大人の贅沢を見せつけた本気の動画をご覧くださいませ。

Video: Captain Xavier / YouTube

制作期間は1年以上。「試行錯誤した結果、このような結果になりました!」と誇らしげな製作者のCaptain Xavierさん。

ネットを通じて改造職人と知り合い、必要なパーツの提供を受けたりしながらバックパックに山のようなフォームボールを詰めたミニガン(ロケラン付き)を完成させました。

18分の動画のほとんどはディテールの説明で、ズダダダダダダダっとスポンジボールが発射される様は18分22秒頃から。1秒間に20個の弾が出るのだそうです。

撃っているときは間違いなく気分爽快。そこら一帯を征服したような錯覚を覚えそうですが、弾が尽きたら散らばった2000個を拾わないといけません。その努力と少し寂しそうにみえるであろう背中を想像したら、そこまで羨ましくもなかったりして…。



Image: YouTube
Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

中川真知子

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ