日産、旅館をプロデュース。自動運転スリッパでテクノロジーを見せつける

日産、旅館をプロデュース。自動運転スリッパでテクノロジーを見せつける

実際に泊まれます。

日産は近年、自動運転技術(運転支援機能、自動駐車機能)で話題をよんでいる電気自動車リーフで注目されていますね。そんな日産が突然「旅館をプロデュースしました」と発表して話題になっています。「なぜ自動車メーカーの日産が旅館…?」と首をかしげてしまいますが、こちらのプロモーション動画を見るとなるほど日産のテクノロジーを日本の心を通じて見事にプロモーションしています。

Video: Nissan / YouTube

このプロモーションの目玉は自動で居場所に戻るスリッパ、座布団。これが電気自動車リーフが持つ運転支援機能/自動駐車機能とつながっている事は想像に難くありません。確かに左右に並んだスリッパとぶつからずに等間隔に間に入っていく姿は、まさしく駐車です。

180126_NissanSlipper2
Image: Nissan / YouTube

日産は以前にも元の場所に戻る「自動移動イス」を開発してみせた歴史がありますが、スリッパは確かに自動駐車機能にぴったりですね。

180126_NissanSlipper1
Image: Nissan / YouTube

明るい玄関口で、旅館のスタッフに出迎えられ、自動で動くスリッパに驚く宿泊客のリアクションも面白いです。しかしこれが夜中の真っ暗な中でずるずると動く座布団だったら…と考えるとちょっと怪談っぽいですよね。

老舗の箱根温泉の旅館である「塔ノ沢一の湯本館」との協力の下、実現したこちらのプロモーション。当選者はなんと実際に宿泊もできるんです。詳しい申し込みはこちらのページでご確認ください。


Image: YouTube
source: Nissan, YouTube

(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ