宙空をモジュレーションするという新体験。指輪型のワイヤレスMIDIコントローラー「Oria」
Image: Enhancia / YouTube

宙空をモジュレーションするという新体験。指輪型のワイヤレスMIDIコントローラー「Oria」

このワイヤレス操作はスマートでもある。

CES 2018にて、フランスのEnhancia Musicが指輪型のワイヤレスMIDIコントローラー「Oria」をお披露目しました。指輪型コントローラーといえばジェスチャーでアレコレできたりするものですが、そのワイヤレス感が音楽に宿ると、こんな演奏ができちゃうみたいです。

Video: Enhancia / YouTube

映像では「Oria」を装着している指を左右に揺らすことでビブラートやピッチベンドをかけていますね。本来はホイールで音程を変えるところを、指の動きで操作しているようです。ROLI Seaboardの五次元タッチに似てるけど、宙空で音程を操作するっていうのはかなり、いや相当の未来演奏感では?

Video: Enhancia / YouTube

こっちのデモだとフィルターの動きもわかりやすい。リングには9種類の統合センサーとリアルタイムジェスチャー認識アルゴリズムが内蔵され、PCやキーボードと接続しアサインした要素を操作するという仕組みです。ピッチをアサインすれば指を動かして人為的なビブラートがかけれるといった感じで、パフォーマンスも面白いことができそう。ソロモンの指輪みたいに複数装備できたりしないのかな……!

プレスキットによると、フランスの音楽院と協力して始まったこのプロジェクトは、障害をもった人が音楽に触れることを目的としたもので、はじめはグローブ型のデバイスが作られました。グローブをはめることで空中でドラムを叩くといったことができ、それが開発のスタートだったとのこと。でもグローブも面白そうですけど、リングのほうが演奏しやすいですもんね。

2018年3月にはKickstarterでキャンペーンを始める予定で、今回出展したCES 2018ではウェアラブルテクノロジーカテゴリにてInnovation Awardも受賞したそうな。価格などはまだわかりませんが、ちょっと注目しておきたいデバイスじゃないですか?



Image: YouTube
Source: TREND HUNTER, Enhancia, YouTube(1, 2
ヤマダユウス型

こちらもおすすめ