映画『パシフィック・リム:アップライジング』公開前に監督へインタビュー! デル・トロ監督のあとを継ぐ彼はどんな人?
Photo: ギズモード・ジャパン, © Legendary 2018. All Rights Reserved.

映画『パシフィック・リム:アップライジング』公開前に監督へインタビュー! デル・トロ監督のあとを継ぐ彼はどんな人?

ギレルモ・デル・トロ監督の前作から10年後の世界を舞台に、再びロボットと怪獣が激しいバトルを繰り広げる映画『パシフィック・リム:アップライジング』。今回はそんな期待の新作のメガホンを取るスティーヴン・S・デナイト監督にインタビュー。

スパルタカス』や『ヤング・スーパーマン』、『デアデビル』といった人気ドラマシリーズのショーランナー(制作総責任者)として知られるデナイト監督に、ドラマと映画の現場の違いや、新作ならではの苦労など色々なことを伺ってまいりました。公開は2018年4月ということで、映画のストーリーには切り込めなかったのですが、デル・トロ監督との面白いエピソードを語ってくれましたよ。

Video: Taste of Movies/YouTube
『パシフィック・リム:アップライジング』予告編

──前作『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督のあとを継ぐという責任重大な役目を引き受けたわけですが、それまでに一体どんなことがあったんですか?

スティーヴン・S・デナイト(以下、デナイト):数年前に、プロデューサーのマリー・ペアレントが長編映画のアイデアは何かないかと聞いてきたのがそもそもの始まりですね。

それで私は、3人がひとつの家の中で繰り広げるスリラーというかなり小規模で低予算な映画のアイデアを出したら、彼女はそれをかなり気に入ってくれ、その映画の監督を任せられました。

この作品が長編映画のデビュー作となる予定で、脚本を完成させ、彼女と一緒に動きはじめたんです。しかしキャスティングが上手くいかず、一旦保留となって、彼女が「じゃあこの映画じゃなくて、『パシフィック・リム』の続編をやらない?」と急に話を振ってきました。

小さな映画からいきなりデカい話になりましたが、私はかなり気に入って監督を引き受けることにしたんです。

それから、今作の製作会社であるLegendary Pictures(レジェンダリー・ピクチャーズ)のプロデューサー陣に会い、ギレルモ・デル・トロにも直接会って認めてもらいました。私は映画『クロノス』からデル・トロ監督の大ファンだったので、彼とのミーティングはこの仕事をやってきた中で最高の経験でしたね。

180105_pacific_rim_uprising_steven_s_deknight_interview_2
Image: Ben A. Pruchnie/Getty Images Entertainment/ゲッティ イメージズ
ギレルモ・デル・トロ

──ギレルモ・デル・トロ監督(写真)といえば、作品のアイデアをノートに書いていることでも有名で、その一部が出版されたりもしましたが、その実物は見せてもらえましたか?

デナイト:ミーティングで同じく有名な彼の「荒涼館(注:Bleak House。デル・トロ監督の膨大なコレクションが置かれている別邸)」には行ったんですが、ノートの中身は見せてもらえていないんです。

荒涼館は『パシフィック・リム』はもちろん、『エイリアン』などなどたくさんの作品の小道具が並んでいて、本当に凄かったですよ。

そしてダイニング・ルームにレイ・ハリーハウゼンの映画に出てきた人形のレプリカがたくさん並んでいるのを見て、ギレルモに「前にこれ持ってたよ」と話しかけたら、「違うよ。それ、本物」と言われてしまいました。映画に実際に使われた人形だったんですよ(笑)。

それから私は「いつも色んなとことで読んでいた荒涼館に呼んでもらえて本当に嬉しいよ」と言ったんですが、ギレルモは「違うよ。荒涼館は、隣。ここは新しく来たものを置いておいて、目録に加えてから荒涼館に並べるための家なんだ」と。もうマジでオドロキですよ(笑)。

その後にちゃんと荒涼館を案内してくれたんですが、とにかく最高でした。見るだけで丸一年そこで過ごせるくらいのコレクションが並んでいましたよ。

なのでノートは見かけたと思うんですが、中身は見せてもらえていません。今度会うときは頼まなくっちゃ(笑)。

180105_pacific_rim_uprising_steven_s_deknight_interview_1
Image: ©Legendary Pictures/Universal Pictures.

──そんなギレルモ・デル・トロ監督の作品と比べて、今作は予告編を見る限り、イェーガーが細身のシュッとしたデザインのものが多く、彼らが身軽な動きをしていますが、それを実現するのは制作面では難しいものでしたか?

デナイト:実に難しいものでした。イェーガーの重量と動くスピードのバランスが鍵で、動きが遅すぎるとつまらないし、速すぎると今度は浮いているように見えてリアルさに欠けます。なので、VFXのチームとじっくり話し合ってベストなバランスを見つけ出しました。

前作ではシーン毎にイェーガーの動くスピードを変えていました。あえてかなりゆっくり動かしたり、速く動かしたりとスピードを変えながら重量感を演出していましたね。

ちなみに今作は前作から10年経っているという設定なので、イェーガーはすべて新型の第六世代となってテクノロジー面で進化を果たしています。なのでデザインは完全に変えることにしたんです。

──初めてとなる長編映画の製作は、ドラマと比べてどういったところが大変だと感じましたか?

デナイト時間が一番大変ですね。『スパルタカス』や『デアデビル』などでは、各話にだいたい12~14日くらいで撮影しました。ところが、この映画は撮影で91日もかかっています。マラソンのようなものですよ。

そしてこれだけの予算の映画になると、クリエイティブ・コントロールをなかなか得られません。ドラマであればショーランナーは全権を持っていますが、映画の監督はかなり違いますね。

予算も時間も違うので、関わる人すべてを納得させなければなりません。なので、いろんな側面のバランスを上手くとっていく綱渡りやジャグリングみたいな曲芸だと思います。非常に難しいものでしたよ。


デナイト監督は「荒涼館」の話をするのが本当に嬉しかったことが伝わってくる興奮ぶりで、「子供の頃から日本の特撮が大好きだった」と語っており、デル・トロ監督と波長の合う人だということがよく伝わってきました。後任に選ばれた理由もわかる……!

そんなデナイト監督の『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月、全国ロードショー!



Photo: ギズモード・ジャパン, © Legendary 2018. All Rights Reserved.
Image: Ben A. Pruchnie/Getty Images Entertainment/ゲッティ イメージズ, ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
Source: 映画『パシフィック・リム:アップライジング』, YouTube

傭兵ペンギン

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ