ぎゃー! 有名アナリストが予想、今年はAmazonが「ターゲット」を買収する?

  • author そうこ
ぎゃー! 有名アナリストが予想、今年はAmazonが「ターゲット」を買収する?
Image: Alex Wong/Getty Images News/ゲッティ イメージズ

ぎゃーーーーーーーー!!!!

Amazon、ネットショッピングの巨人。いや、この言い方はもう古いですね。もうネットショッピングだけじゃなくて、生活を牛耳る牛魔王です。もうね、本当にね、生活の何から何までAmazonのお世話になっていますから。そのAmazonがですね、米国大手小売店あの「Target(ターゲット)」買収を狙っているという話がでてきたからもうタイヘン!

アメリカで暮らしたことがある人や、旅行したことがある人ならば、知っている人も多いでしょうターゲットですが、日本未進出なので、知らない人のために少し。ターゲットは、アメリカで売り上げ高第5位を誇る大手ディスカウント百貨店チェーン。食品から衣料品、家具まで幅広く取り扱っています。なんだ、ただの安売り店かと思ってもらっては困ります。「ターゲットママ」や「ターゲット中毒」系のネタをネットで多く見かけるほど、熱狂的人気がありますから。人気の理由は、安さはもちろん、オリジナル商品のセンスの良さ! 家具から洋服、食器、季節商品などなど、オリジナルで出している品がとにかく悶絶のかわいさなのです。旅行者ならば、ここでお土産を購入する人も多いはず! そのターゲットをAmazonが買収するかもっていうのですから、世間が白目むくのも当然です。

「Amazonがターゲット買収?」ってヘッドラインで白目ですが、落ち着いてみれば、公には買収の「ば」の字もありません。買収話は、とある有名アナリストの予想なのです。予想しているのは、Apple株予想で知られた存在の超有名マーケット・アナリストGene Muster氏。2018年のテック系予想として公開されたリスト8個のうちの1つがこれでした。予想理由は、2つの点からターゲットがAmazonのオフラインパートナーとして理想的であるから。1つは、広範囲で店舗展開をしているもマネージング可能なレベルであること。そしてもう1つは、顧客データの相性の良さ。この顧客データ=購買層のマッチとは、ターゲットが母親層に人気というのが鍵となっているとのこと。予想買収額は、410億ドル+時価総額の15%。彼の発言は、市場にて絶大な影響力があります。ゆえに、この予想リスト公開後、ターゲット株は上昇。

もーしもこの予想が現実のものとなれば、Amazonに今後対抗できるのは、いよいよ最大のライバルである大手小売店のウォルマート(1万1695店舗、米国売り上げ3億1500万ドル)だけ。ターゲットを買収した場合、Amazon×ターゲットの店舗数は2,300店、売り上げ1億7600万ドルの予想です。

あくまで予想ではありますが、現実となる可能性はあるのでしょうか? 熱狂的ファンを持つターゲットですが、実は2015年以降株価は下落。未来にポジティブなターゲットCEOではありますが、株価下落が買収要因になることから、ターゲット的にはなくもない状況。一方Amazonは、2017年に健康志向で人気のスーパー、Whole Foods(ホールフーズ)を買収。Amazonのリアル店舗も次々とオープンしており、オフライン店舗への熱意は過去最高。Amazon的にもありな状況。…くるかもね、Amazonがより最強になる時が。今でも十分強いのに、もっと強くなる時が。ぎゃー!

さて、アナリストの市場予想に一喜一憂するのも、年初めらしくて楽しいですね。



Image: Alex Wong/Getty Images News/ゲッティ イメージズ
Source: Loup Ventures via Bloomberg
Reference: Bloomberg

- Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

powered by