VRヘッドマウント・ディスプレイを手掛けるOculusがXiaomiと提携へ
Image: Oculus via THE VERGE

VRヘッドマウント・ディスプレイを手掛けるOculusがXiaomiと提携へ

ソックリなのは公式だからなんです。

FacebookのVR/AR事業責任者ヒューゴ・バーラが、ラスベガスで開催中のCES 2018にてQualcommの記者会見に登場しました。OculusはFacebookが2014年に買収しています。

この会見では、199ドルで発売予定のスタンドアローンVRゴーグル「Oculus Go」と中国のXiaomi社が作る「Mi VR Standalone」にQualcomm社製「Snapdragon 821」プロセッサを搭載すると発表しました。

加えてXiaomiがハードウェア面でOculusと提携することも告知。ヒューゴ・バーラはかつてXiaomiにいたことから、提携は割とスムーズだったと思われます。

バーラ氏は、これについて、以下のようにツイートしています。

本日私たちは、Oculus初のスタンドアローンVR製品「Oculus Go」の世界リリースに伴い、ハードウェア面でXiaomiと提携することをCES 2018で発表しました。Oculusの技術を使ったVRヘッドセット「Mi VR Standalone」が、中国のマーケットに進出するのです。

Snapdragon 821は、「LG G6」と「Google Pixel」にも搭載されているプロセッサ。なのでどちらのゴーグルも信頼できる製品になりそうです。

ちなみにトップ画像は、左がヒューゴ・バーラ氏で、中央がQualcommのクリスティアーノ・アモン社長。そして右がXiaomiのトマス・タン氏となっており、3人とも、この発表を嬉しそうにしています。

「リリースは2018年初頭になる」とだけ発表されており、詳しい日程は不明のままです。ともあれ、ユーザーにとっても嬉しいプロダクトになると良いですね。



Image: THE VERGE
Source: Twitter, THE VERGE

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ