腸内細菌を調べるのはくそ大変! 308人の大便を調べた研究結果

  • author Rina Fukazu
腸内細菌を調べるのはくそ大変! 308人の大便を調べた研究結果
Image: Darryl Leja, NHGRI-NIH/Flickr

最近ブームの「菌活」に対する理解が深まりそうな研究です。

数百種もの菌が生きる、人間の腸内。人によって、どんな菌を持つかは異なります。その人間の腸内細菌に関する研究は増えてきていて、炎症性腸疾患、糖尿病、がん、その他体の不調だけでなく、メンタルヘルスと腸内環境との関係性も見えてきました。どのような細菌が腸内に生息するか、といったデータはすでに存在する一方で、その作用に関してはあまり多く知られていません。そんななか、ユニークな手法で腸内細菌を調べた研究結果が発表されました。

その手法とは、308人の成人男性の大便を分析するというもの。DNAや微生物の種類を検査するのではなく、トランスクリプトームといって、こうした菌がそれぞれ実際にどう作用しているか、という視点から調べられました。そのために大便に息づいていた糞便微生物のメッセンジャーRNAが分析されました。ちなみにメッセンジャーRNAとは、タンパク質を生成するための前段階として、DNAが写し取られたものです。

「これは初めてにして大きなトランスクリプトーム調査だ」と米Gizmodoにコメントを残してくれたのは、ハーバードT.H. チャン・スクール・オブ・パブリック・ヘルスのCurtis Huttenhower計算生物学助教授。研究について「腸内にどんな細菌が存在するかだけでなく、どんな作用があるかについても示されている」と説明しました。

先日「Nature Microbiology」で公開された2つの論文(1, 2)によると、腸内細菌は人により異なるタイミングで、異なる作用をすることが示されました。これらの研究が示唆するところによれば、さまざまなヒト細胞が存在するように、あらゆる腸内細菌はそれぞれ異なる働きをするそう。なかにはその宿主となっている人が食べたものといった、外的要因に反応して働き始める細菌もあるのだといいます。

この研究はあくまでも初期段階で、たとえば「細菌Xが病気Yをもたらす」みたいな相関関係を解明するには少なくともあと数年かかるとのこと。ですが、そのころにはさまざまな疾患の原因や潜在的治療薬を特定できる、重要なツールになっていることが期待できます。Huttenhower氏は、「短期的には、異常を検知するのに活用し、長期的には、特定の異常を治すことにも役立てたい」といいます。

もちろん初期の研究とあって、欠点もあります。被験者がヘルスケア産業で働く308人に限られたことや、個人によって腸内細菌はドラスティックに異なるということなどですね。そして、Huttenhower氏いわく「糞便サンプルは溢れ出すこともある」という腸内細菌を調べる研究ならではの悩みもあるのだとか。...まぁ。

こうした腸内細菌の研究は、じつは実験室内にとどまりません。アメリカには「American Gut Project」のような市民科学プログラムや、自宅で腸内チェックができる「uBiome」というキットもあります。ただ、後者に関しては心配する声も

もしかしたら未来には、腸内細菌を調整して病気を治してくれるお医者さんがいらっしゃるのかもしれませんね...!



Image: Darryl Leja, National Human Genome Research Institute - National Institutes of Health/Flickr
Source: Nature Microbiology(1, 2

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ