リドリー・スコット監督、『ブレードランナー2049』の新たな続編のアイデアを語る

  • author 岡本玄介
リドリー・スコット監督、『ブレードランナー2049』の新たな続編のアイデアを語る
Image: © 2017 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

これまた作るなら早くしないと!

映画『エイリアン』シリーズをSF超大作として見て欲しいとコメントした、リドリー・スコット監督。彼はいくつもの名作映画を手がけていますが、『ブレードランナー』と2017年の続編『ブレードランナー2049』もまた監督の代名詞といえる作品ですよね。

『エイリアン:コヴェナント』は成績が奮わなかったため、FOXから続編の制作をキャンセルされてしまいました。ですが構想だけはアレコレ持っていると明かしています。

では『ブレードランナー2049』の続編はどうでしょう? Digital Spyのインタビューにて、監督はこう答えています。


(続編の制作ができるよう)そう願っているよ。もうひとつ別の物語があるんだ。その案は進化・発展するのを待っているんだよ。なので確実にもう1本は撮ることができるね。


実は『ブレードランナー2049』と、過去作『ブレードランナー』も興行的に芳しくない成績を残しています。そもそも『ブレードランナー2049』は次回作に続くよう計画していないものの、監督の中ではアレコレ考えているんですね。

こちらのシリーズもまた、色んな状況が『コヴェナント』とソックリです。ですが両シリーズとも世界中にファンがたくさんいますし、リドリー・スコット御大による鶴の一声で続編が実現するかもしれません。もし資金が問題なら、今ではクラウド・ファンディングというテもあることですし。ハリソン・フォードともども元気なうちに実現させて貰いたいものです。

どのみちいつか誰かが続編を作るのでしょうから……。



Image: © 2017 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
Source: Digital Spy
Julie Muncy - Gizmodo io9[原文

岡本玄介