サムスンの新型テレビが、テレビっていうか壁

サムスンの新型テレビが、テレビっていうか壁

テレビは箱という考えは古い。テレビは壁である。

ラスベガスで9日から開催のCES2018にて、サムスンが発表した新型テレビはまるで壁です。壁みたいなテレビ、テレビみたいな壁。壁一面がテレビ!

その名も「The Wall」。壁。

注目したいのは、146インチという大きさや、次世代スクリーンと言われるマイクロLEDだけではありません。壁っぽく見えるのは、ベゼルレスなデザインにあり。キャンバスの絵画を壁にかけるように、これならどこに設置しても背景(壁)にすっとなじみます。

180109kabe01
Image: Samsung

さらにサムスンがアピールしたいのは、自称世界初のモジュールTVという機能性の高さ。ただし、ここで意味するモジュールは、モジュールという言葉で最初に連想するように、テレビの部品やスクリーンを物理的に組み替えられるというわけではありません。テレビ画面に映すコンテンツの大きさや位置を、まるでモジュールのように好きにプログラミングできるということ。

たとえば、横に細長い画を表示する場合、上下の余白部分を真っ黒にする、画像の真ん中に映像をだすなど、画面表示の仕方が組み替え自由ということ。

画質など詳細はまだ発表されてはいないものの、CES会場にいる米Gizmodo編集部いわく、テレビを見た瞬間は息を飲むような美しさだったとのこと。

繰り返します。テレビは箱ではない。壁の時代です。

そうこ - Gizmodo US[原文

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ