シャープ、iPhone用有機ELディスプレイの契約獲得目指す?
Photo: 武者良太

シャープ、iPhone用有機ELディスプレイの契約獲得目指す?

やっぱり日本メーカーの名前がないと寂しいですよね。

ご存知かもしれませんが、「iPhone X 」の高価な有機ELディスプレイはSamsung(サムスン)が独占的に供給しているとされています。しかしそんな状況を許すまじと、海外報道ではシャープを含む複数メーカーが新型iPhoneの有機ELディスプレイの発注獲得を目指していると伝えているのです。

今回の情報を報じたDigiTimesによると、シャープはSamsungに続く有機LEディスプレイサプライヤーになることを目指しています。シャープが部品生産を開始するのは2018年第2四半期(4月〜6月)。この情報はタイミング的に、日本経済新聞のシャープに関する報道がソースになっているのかもしれません。また日本経済新聞によれば、ジャパンディスプレイ(JDI)も2019年から有機ELディスプレイの量産を開始するとしています。

現在iPhoneに有機ELディスプレイを供給しているのはSamsungで、2018年からはこれにLGが加わると報じられています。LGが供給するのはいわゆる大型モデルの「iPhone X Plus(仮称)」の6.5インチパネル。一方、Samsungは引き続き5.8インチモデルへと有機ELディスプレイを供給するようです。シャープやLGは以前からiPhoneへと液晶ディスプレイを提供していたので、2018年からはおなじみのサプライヤーが顔を揃えることになるかもしれませんね。

また日本経済新聞の報道によれば、シャープは2018年の自社ブランドスマートフォンにも有機ELディスプレイを搭載するようですよ。液晶のシャープから有機ELディスプレイのシャープへと、スマホ分野では大きな戦略変更がまっていそうな予感ですね。

Photo: 武者良太
Source: DigiTimes via 9to5Mac,MacRumors日本経済新聞

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by

    Sponsored