10代は幸せを感じられない? 現代人とスマートフォンの関係

  • author そうこ
10代は幸せを感じられない? 現代人とスマートフォンの関係
Image: NagornyiSergiy/Shutterstock

少年少女は苦しんでいる。

青春時代ってのは悩んでこそ!なんてのは、すでに青春時代を終えた大人の言い分。今、まさに青春と呼ばれるときを過ごしている少年少女たちは、ツラいのです。しかも、どうやらかつての少年少女たちよりも、現代の若者たちの方が苦しんでいるみたいで…。Emotionにて発表された論文では、ソーシャルメディアとスマートフォン、若者の幸福度の関係について書かれています。

論文で研究者たちがリサーチ対象にしたのは、1990年代から行なわれているアメリカの8年生(日本の中1)、10年生(中3)、12年生(高3)を対象にした「Monitoring the Future Study」と呼ばれるアンケートデータ。その内容には、ドラッグ使用についての項目などもありますが、彼らの幸福度を問う質問もあります。幸せを感じますか?の問いに、少年少女たちは自分の幸せ度を1から3段階(とても幸せ・そこそこ幸せ・あまり幸せを感じない)で返答します。調査データには、13歳から18歳の若者100万人以上の答えが集められています。

データを掘りさげて見ていくと、1990年から2000年ころまでは、若者の自尊心や幸福度は上昇傾向にあるものの、2012年以降は下がり続けていることが判明。たとえば、10年生の幸福度は2.06ポイント前後で安定していたものの、2016年には2.00ポイントまで下降。研究者は、キーとなる2012年が、スマートフォン普及の年であることに注目しました(2012年は、アメリカ人の大多数がスマートフォンを所持し始めた年。10代の3分の1が所持。2016年までに、10代の4分の3がスマートフォンを所持するようになった)。

論文の執筆者のひとりであり、サンディエゴ大学で心理学を教えるJean Twengeはこのように語っています。

若者の幸福度下落が見られたのは、2012年から2015年の間。とても短い間に起きています。となれば、原因を予想するのも難しい話ではありませんね

2012年から2015年の若者の生活における最大の変化は、スマートフォンの普及です。こうなると、これが影響していないと考える方が難しいですね

Twengeは、若者の幸福度とスマートフォンの関係に大きな声をあげている人物で、関連著書もあります。しかし、幸福度低下はスマートフォンが絶対的な原因とはいいきれません。ソーシャルメディアと自尊心のポジティブな関係を指摘する研究もあるからです。いっぽう、プラスともマイナスともいえない明確なコネクションはないとする研究もあります。

自分たちの説をより明確なものにするため、Twengeのチームは、データごとに若者をグループわけし、比較することにしました。グループわけの条件は、どんな種類の画面(スマートフォンなどの新世代画面・テレビなどの従来の画面・まったく画面を見ない)を、毎日何時間見ているかというもの。結果、特に8年生10年生で顕著だったのが、画面を見る時間が多いほど幸福度が低く、現状に満足しておらず、自分に自信がないということ。逆に、友達と過ごす時間や運動する時間、宿題する時間が多い若者ほど、幸福度が高かったのです。このほかにも、スクリーンを見る時間が増えてから1年後に幸福度が下がるという傾向もみられました。この結果は、スマートフォンなどのスクリーン使用時間と若者の幸福度の関係を直接証明するものではありませんが、Twengeらの説をバックアップする要素ではあります。

「もっとランダムな調査ができればいいんですが、今回わかったことだけでもソーシャルメディアの使用をやめる健康利点は指摘できると思います」と語るTwenge。2016年の研究をもとに、スマートフォンが間接的に人々の健康、幸福度に影響すると言います。この研究はというと、ボランティアの被験者がFacebook(フェイスブック)の使用を1週間やめたところ、生活への満足度があがってポジティブな感情が増えたというもの。

とはいえ、Twengeはスマートフォン反対主義者でもなければ、健康のためにみんな使用をやめろ!と言いたいわけでもありません。まったく画面を見る時間がないよりも、多少はあった方が幸福度が高いという2017年イギリスの研究もありますから。彼女がいいたいのは、節度をもった適切な利用を心がけようということ。

今回のリサーチをもとに考えると、どの年齢層も、適した電子端末利用時間は1日2時間ほどのようです

Twengeは、使用時間や使用アプリ制限など、年齢に応じたプロダクト、機能が必要であり、企業はそれに対応すべきだとうったえています。


Image: Shutterstock
Source: Emotion, TIME, Dr. Jean Twenge, Queen's University Belfast, Science Direct, Mary Ann Liebert, Inc., The Conversation, APA Psyc NET

Ed Cara - Gizmodo US[原文
(そうこ)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ