東京オートサロン2018で気になったクルマたちまとめ
Photo: 野間恒毅

東京オートサロン2018で気になったクルマたちまとめ

今年も熱気ムンムンですよ。

2018年1月12日〜14日、カスタムカーの祭典・東京オートサロンが幕張メッセで開催され今年はなんと3日間で31万9030名を集客! この規模はF1観客動員数14万人、東京ゲームショー25万人を超え、コミケ50万人の背中が見えてくる勢いです。

そんな熱気ムンムンのオートサロンから、ギズモードが気になったものをチョイスしてご紹介!

これぞ王道、カスタムカー

カスタムカーの祭典ですから、当然注目しなければいけませんがその中でも注目は自動車大学校や専門学校の作るカスタムカー。学生ならではの自由な発想が特徴。

20180112-DSC_5002
Photo: 野間恒毅

毎年キワモノ、いや失礼、大改造してくるNATS(日本自動車大学校)は今回人気の高級ミニバン・ヴェルファイアをピックアップトラックに改造。切って、貼って、車高上げて、とても自然な仕上がりで完成度高いです。

20180112-DSC_4905
Photo: 野間恒毅

屋根にお城を乗っけたり、内装に花火の照明がついたりと、純日本風に仕上げたセリカはトヨタ自動車大学校のもの。はいからさんが通るっぽい写真の女子学生も製作にかかわったとか。

20180112-DSC_4973
Photo: 野間恒毅

このジムニーは4輪にガンタンク風クローラーを装着、どんな雪道や荒地でもこなせそうな勢い。

20180112-DSC_4980
Photo: 野間恒毅

今回結構目立ったのが軽トラのカスタム。こちらはDaytona(デイトナ)プロデュースのピックアップ風。ロールケージのスケルトン仕様で、趣味の自転車やラジコンを積載。

20180112-DSC_4986
Photo: 野間恒毅


20180112-DSC_4987
Photo: 野間恒毅

他にも魅力的な軽トラのカスタムがたくさんありました。

メーカーも出展

これだけ集客できるイベントですから、主要カーメーカーも出展。

DSC_4428
Photo: 野間恒毅

トヨタはGAZOO Racingとして「GRスーパースポーツコンセプト」を公開しましたよ。中身はル・マンで開発したコンポーネントをほぼそのまま使い、ハイブリッドで総合最高出力は1,000馬力。これを公道走行できるようにモディファイしたものといい、市販されるとすると億を超えるとかいう噂です。あとは皆さんが欲しい、買う、という声があればということですが。まあすごいですねえ。世界に比肩するスーパーカーになるかもしれません。

おっさんホイホイコーナー

アラフォー、アラフィフのおっさんに大人気なのがこちら。

20180112-DSC_5132
Photo: 野間恒毅

古くからのラリーファンにたまらないのが、コリン・マクレーがドライブしたスバル555カラーのレガシィ。そう、インプレッサがWRCが参戦する前はレガシィで参戦していたんですよね。このブルーにイエローのレタリング、そしてゴールドのホイールはいまやスバルの定番コーディネートとして定着してます。

DSC_4344
Photo: 野間恒毅

ダイハツの飛び道具はシャレード デ・トマソ。こちらも赤とブラックのツートンカラーがアイコンですね。昨年赤とブラックのツートンカラーのブーンを出して、(おっさんの)全員が全員「デ・トマソ!」と叫んでいたので、開き直って出してきたのでしょうか?

これぞ正統派?

改造車の祭典といってイメージするのがこんな車両じゃないでしょうか。いわゆるチバラギ仕様。

DSC_4480s
Photo: 野間恒毅

昨今は逆にこういったのが珍しくなっており、希少種伝統芸能として注目されていますね。

メーカーチューンドからシャコタン・ブギまで、様々なカスタムカーがあるだけではなく、皆さん大好きなカワイイ女の子、コンパニオンにレースクイーンも多数アテンド。ぜひ来年見に行ってはいかがでしょうか。



Photo: 野間恒毅
Source: TOKYO AUTO SALON 2018 | 東京オートサロン公式サイト

(野間恒毅)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ