トヨタ、北米向けセダンのAvalonで「CarPlay」採用
Image: Toyota USA

トヨタ、北米向けセダンのAvalonで「CarPlay」採用

トヨタ×Apple、始まります。

最近は大型バイクへの対応も発表され、ますます活躍の場が広まるApple(アップル)の「CarPlay」。こちらが、2019年からトヨタの北米向けセダンで採用されることが発表されました。

今回CarPlayへの対応が発表されたのは、北米向けのセダン「Avalon(アヴァロン)」です。なんと、トヨタの自動車でCarPlayが採用されるのは今回が初めてとなるんだとか。ちょっと意外ですね。なおAvalonは9インチの大型タッチスクリーンを搭載し、2019年春から販売される予定です。

さらに北米国際オートショーに参加したMacRumorsによれば、「トヨタとレクサスブランドCarPlayに対応する車種を今後も増やしていく」とのこと。まずはアメリカのみでの販売です。

それ以外にも、マルチメディアシステム「Entune 3.0」を搭載する車種はAmazon(アマゾン)のAIアシスタントである「Alexa」にも対応の予定

すでにホンダやメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなど、さまざまなメーカーでの採用が進むCarPlay。今後、スマートフォンとクルマはさらに密接な関係となりそうです。


Image: Toyota USA
Source: Toyota USA, MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ