HTC、解像度が78%アップしたVRヘッドセット「VIVE Pro」発表。ヘッドホンも標準搭載
Image: VIVE Pro

HTC、解像度が78%アップしたVRヘッドセット「VIVE Pro」発表。ヘッドホンも標準搭載

これぞ、完全上位版!

HTCはラスベガスで開催中の家電見本市CES 2018にて、新型のVRヘッドセット「VIVE Pro」を発表しました。内蔵ディスプレイが高解像度化ヘッドホンを標準搭載することで、さらにVR体験と使い勝手が向上していますよ!

20180109nvivepro3
Image: VIVE Pro via The Verge

VIVE Proでは、内蔵された有機ELディスプレイの解像度が2880×1600ドット(片眼で1440×1600ドット、615ppi)にまで向上。通常モデル「VIVE」の2160×1200ドット(片眼で1080×1200ドット)から、解像度が78%もスケールアップしています。これによりグラフィックスだけでなく、文字の視認性も向上するはず。

20180109nvivepro2
Image: VIVE Pro via The Verge

本体側面にはヘッドホンを標準装備しています。VIVEにもヘッドホンを追加する純正ヘッドストラップがありましたが、標準でヘッドホンが利用できるのは耳周りがスッキリして良いですね。さらに本体にはデュアルマイクとデュアルフロントカメラが搭載されています。

20180109nvivepro4
Image: VIVE Pro via The Verge

ヘッドストラップ後部のダイアルではサイズ調整が可能。頭部に接するサポーターが複雑化するなど、付け心地の向上も期待できそうです。トラッキングシステムは「SteamVR 2.0」に対応するとともに、Steam VR 1.0も引き続き利用できます。さらに、最大4つまでのベースステーションでの空間トラッキングにも対応しています。

VIVE Proの発売日や価格はまだ発表されていませんが、間もなく明らかになるとのこと。またVIVEは2018年中は引き続き販売されるそうです。



Image: VIVE Pro, The Verge
Source: VIVE Pro, The Verge
(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ