雨の日は気泡、風の日は波が立つ。水の動きで天気が分かる「Weather Cube」

  • ROOMIE
    雨の日は気泡、風の日は波が立つ。水の動きで天気が分かる「Weather Cube」

    この記事はROOMIEからの転載です

    朝、今日の天気をニュースやスマホでささっとチェックする人は多いと思う。ただ、出かける前に調べる手間がちょっと面倒で、急いでいる日にはチェックするのを忘れて、雨予報なのに傘を持ってこなかった……なんてこともありそうだ。

    そこで注目したいのが、デザイナーのShoyu氏とHitomi Sato氏によって制作された「Weather Cube」。この作品はまだプロトタイプ段階で正式な商品化は未定だが、見た目の美しさとユニークな機能が気になるアイテムだ。

    20171108weather1

    「Weather Cube」の特徴は、水の動きの変化から、天気が分かるようにデザインされているところ。シンプルなガラスでできたボックスの中の水が、天気の変化に合わせて動きを変えるのだ。

    また、ガラスの表面には気温と時間が5秒ごとに、交互に表示されるので、時計としても便利なアイテムとなっている。

    20171108weather3

    天気が水流によってわかるなんて、インテリアを越えてちょっとしたアートですね。気になる続きはROOMIEで!

    Image: Behance
    Source: Behance

    (Sunny)

    あわせて読みたい

    powered by