Xbox One Xレビュー:ゲーミングPCの代わりにこいつはいかが?

  • 14,829

  • author 傭兵ペンギン
Xbox One Xレビュー:ゲーミングPCの代わりにこいつはいかが?

昨年11月に発売されたばかりの新型家庭用ゲーム機Xbox One X。Microsoftのゲーム機・Xbox Oneの上位版で、今までのソフトや周辺機器をそのまま使って、4Kで遊べる史上最高だというパワーが売りのマシーン。今回はそのパワーをとくと味わってみました。

Xboxシリーズでいちばんスマートなボディ

xboxone_stand
底面はディンプル加工+ロゴ入りで、立てたときの見栄えも配慮されています。ネジ穴は背面の1カ所しか見当たりません。
Photo: ギズモード・ジャパン

まずは見た目。Xboxと言えば、今までは非常にアメリカンなSFデザインでマッスルカーのようなイメージがありましたが、このXbox One Xはかなりシンプルでスマートな作り。個人的好みとしては昔の少々ゴツいデザインも好きなのですが、これはこれでカッコいいし、ホコリが溜まっても拭き掃除がしやすそう(これ大事)。

171107_xbox2
上からXnox One X、Xbox One S、PS4 Pro
Image: Gizmodo US

サイズは同じく4K対応の新型であるPlay Station4 Proよりも小さめ。歴代のXboxと比べても小さめで、Xbox One Sよりもほんの少し大きいですが、少し薄い。

その分中身はぎっしりつまっているので、手で持つと小さい割に約3.8kgという重量を感じますが、持ち歩くことはあまりないと思うし、棚の板が抜けるほど重くもないので問題なし。

xbox_ac
デカくて重いACアダプタからの解放!
Photo: ギズモード・ジャパン

嬉しいのははAC電源が内蔵されていること。「それって普通じゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実は歴代のXboxは基本的に小型版だろうがなんだろうがどでかいACアダプターがついてくるのが伝統でした。Xbox One Sで晴れて内蔵型となり、このOne Xでも引き継がれています。

かつてのXbox 360のACアダプターはとにかく凄まじく、巨大な上に内蔵のファンがけっこう気になる音を立てた上に、振動するという代物だったので、この進化はかなり嬉しい

また、One Xは本体の音もかなり小さく、ゲームで遊んでも動いているのか心配になるくらいに静か。PS4もそこまでうるさいわけではありませんが、比べるとかなり静かです。ここは液冷システムのメリットが出まくってます。

PCや過去機との互換性はピカイチ

gow4
Xbox Oneのソフトは国内のゲーム屋さんでは取り扱われていません。図らずもネットワーク専用のゲーム機になりました。
Photo: ギズモード・ジャパン

そして気になる性能は、看板に偽りなしのパワフルな仕様。本体にソフトをダウンロードすればローディングはかなり早く、美しいグラフィックを存分に味わわせてくれます。個人的にはホーム画面などの動きも滑らかでストレスがないのが嬉しい

画質で言えば、疑似的に4K画質を再現しているPS4 Proとは異なり、完全な4K画質で楽しめることが売りのマシーンではあるのですが、今のところ対応ソフトはあまり多くはありません(でも、これからきっと増えていくはず)。

たとえば、独占タイトルである『Gears of War 4』では対戦モードを除き、4Kに切り替えると30FPSに固定になるので、さすがに現状のパワーで完全な4Kの60FPSはきついのかも。PS4 Proとの画質の差はゲームに熱中して遊んでいる分には気づかないくらいだと感じましたが、言われてみればXbox One Xの方が綺麗な印象。

実際、4K画質で快適にゲームプレイをするとなったら、結構な値段のするミッドレンジ以上のゲーミングPCが必要となるので、メジャーどころのPCタイトルで遊ぶのが中心であれば、定価が税抜4万9980円というのゲーミングPC代わりにコスト的にもかなりいい選択肢となるはず。あと多くのデスクトップ型のPCに比べると省スペースなのも良い。

しかも、「Xbox Play Anywhere」サービスのおかげで、Xbox Oneシリーズは、対応するWindows PC用のゲームをXbox Store購入するとXbox OneでもPCでも遊べるという仕様でPCとの垣根がかなり低い。インディーゲームもいろいろあって、 高難易度で話題の『Cuphead』 や、ドン勝でおなじみ『PUBG』も遊べちゃう!

さらにXbox Oneシリーズは、下位互換にも力が入っていてXbox 360 や 初代 Xbox のゲームの一部がプレイ可能。初代で遊びそこねた名作はいくつかあるので、ぜひ遊んでみたい。

唯一気に入らないところがあるとすれば、その名前。Xbox One→Xbox One Sと来て、なぜXbox One Xになったのか。「エックス・ボックス・ワン・エックス」というのがどうも音的にしっくり来ないし、パワフルな新型マシンであることが伝わってこない。

かつてのように「エリート」とついてても良かったと思うし、エックスにこだわりがあるなら「X2」とか「xXx」とかにしてくれた方が強そう。ちなみに、開発中は「プロジェクト・スコルピオ」というドルフ・ラングレンが主演してそうなアクション映画っぽいコードネームが与えられていたので、なんなら「Xbox スコルピオ」にしてほしかった。(限定版は「Xbox One X Project Scorpio エディション 」という製品名ですね。)


というわけで、Xbox One Xは『Gears of War』や『Crackdown 3(2018年発売予定)』などの最新のXboxの独占タイトルで遊びたかったり、懐かしのXboxタイトルで遊びたい人は迷わず買って損はないし、ゲーミングPCを買おうか家庭用ゲーム機を買おうか迷っているという人にオススメできるハード!

すでにPS4もそこそこのゲーミングPCも持ってるという私にとってもかなり魅力的で、「Xbox Play Anywhere」の対応ソフトがもっと増えたら真剣にゲーミングPCからの乗り換えを検討したい。そして「スコルピオXと名付けたい。

Xbox One Xは税抜4万9980円で発売中。ですが、オフィシャルストアは在庫切れ、Amazonも価格にプレミアが乗っており、正規価格で買える場所が少ないのが悩みのタネですね...


Source : Microsoft

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ