人気YouTuberローガン・ポールが青木ケ原樹海でご遺体遭遇の動画を公開、世界中から怒りの声
批判を浴びた動画

人気YouTuberローガン・ポールが青木ケ原樹海でご遺体遭遇の動画を公開、世界中から怒りの声


フォロワー1500万人を誇る人気ユーチューバーのローガン・ポールがピカチュウの服を着るなどして日本を訪れ各地を回っていたところ、青木ケ原樹海で首吊り男性のご遺体に遭遇し、警察に通報する事態となりました。


それだけで済んでいたらまだよかったのですが、ご遺体発見の一部始終をYouTubeに動画で公開してしまったことから世界中から怒りの声が沸き起こり、動画はすぐさま削除という騒ぎとなっています。


発見したときには「こんなことになるなんて…」と神妙な面持ちだったのですが、スタッフが「こんなこと(撮影)していいのかな…」と言い出すと、いつもの調子でジョークを交じえて返し、周りがつられて笑うパートもあり、「ご遺族に対してあまりにもデリカシーがない」と言われています。


It’s 2018. Let’s grab life by the Pokéballs.

A post shared by Logan Paul (@loganpaul) on

日本上陸直後のローガン・ポール


ハリウッド俳優のアーロン・ポールが「おまえ、本当にゴミだよな」と怒り心頭のコメントをツイートすると、いいねが瞬速で20万件を突破し、とんでもない勢いで拡散していますよ。



ローガン・ポールは動画を自主削除し、元旦のうちに下記の謝罪文をツイ―トしました。



「ビュー数が目的で公開したのではない。自殺のこと、自殺予防のことをもっと多くの人に知ってもらいたいと思っただけで、これだけ多くの人からネガティブな反応が返ってくるとは思ってもいなかった。ここ460日以上、毎日15分の動画を公開しているので、影響をあまり深く考えないで行動する隙が生まれた。影響力が大きくなれば責任もそれだけ大きくなるのに…その力を間違った方向に使ってしまった。反省し、今後このようなことがないようにする」


これを受け、かばうファンと非難する人たちの間で2次戦争がわき起こっています。

海外ではこのニュースにからめて青木ケ原樹海が自殺で有名な場所であり、2013年に105名と発表したのを最後に警察が実数の発表をやめてしまったこと、バブル崩壊後は自殺が急増したのだけれど、近年ようやく落ち着きを取り戻しつつあることなども詳しく報じられています。年末年始は楽しい反面、自殺には要注意ですね…。


Image: BBC,@LoganPaul, Logan Paul Vlog
Source: The Guardian


(satomi)