ソニー、新型フルサイズミラーレス「α7 III」発表。α9と同じ693点の像面位相差AF性能
Image: ソニー

ソニー、新型フルサイズミラーレス「α7 III」発表。α9と同じ693点の像面位相差AF性能

ソニーは2月27日、フルサイズミラーレスデジタルカメラのα7シリーズから、新型の「α7 III」を発表しました。価格はオープン。先行予約は2018年3月2日10時から、発売は3月23日です。

現在α7には、無印、R、Sの3ラインありますが、今回登場したのは無印=スタンダードラインの新型。

α7 → 標準的なモデル|α7III(NEW)
α7R → 4000万画素以上の高解像度モデル|α7R III
α7S → ISO102400以上の高感度モデル|α7S II

有効画素数は約2420万画素。α7 IIIで初搭載となる、新開発のフルサイズ裏面照射型イメージセンサーを搭載し、オートフォーカスはα9に搭載された693点の像面位相差AF。またコントラストAFは、α7 IIの25点から425点へ進化。

デザインの仕様変更として、α9やα7R IIIに搭載したスティック型のコントローラーを備えます。連写速度は、最高約10コマ/秒です。

実際の使用感などは、のちほど公開いたします!

Video: Sony (Japan)/YouTube


Image: ソニー
Source: ソニー(1, 2), Sony (Japan)/YouTube

(山本勇磨)

    FEATURED VIDEO

    Microsoft Surface Go | Hands-on

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ