まさか! アメリカでAirPodsの爆発が報告される

まさか! アメリカでAirPodsの爆発が報告される

最悪のケースを考えちゃう。

肌身離さないウェアラブルデバイスであってはならなのが、発火や爆発などの事故。しかし残念なことにアメリカでは、Apple(アップル)のワイヤレスイヤホン、AirPodsの爆発事故が報告されているのです。

WFLAの報告によると、フロリダに在住のJason Colon(ジェイソン・コロン)さんが地元のジムでAirPodsで音楽を聞いていると、突如右側のイヤホンから煙があがったとのこと。慌てて耳から外してジムマシンに置き、助けを呼ぼうとしていると、AirPodsは爆発。上画像のような、見るも無残な姿となってしまったのです。

これがもし耳の中で爆発していたと思うと、ゾッとするよ。間一髪、耳たぶが焼け落ちずにすんだんだ

コロンさんは、当時の緊迫した状況をこのように語っています。また、彼は爆発の原因として、バッテリー関連の不具合を疑っているんだそう。

この事件はすでにAppleの耳にも入っているようで、すでに調査を開始していると同時にコロンさんへのコンタクトも試みています。

Galaxy Note8の発火騒動のときにも報じられましたが、リチウムイオンバッテリーを搭載した製品はごく一部で発熱や発火、もしくは爆発がおきてしまう確率がどうしても排除できません。いま原稿を書きながら耳のなかで音楽を奏でているAirPodsは大丈夫だろうと思うと、なんだかムズムズしてしまいます。


Image: 9to5Mac
Source: WFLA via 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ