ARってなにができるの? Appleが新コンテンツ「iOSのための拡張現実」を公開

  • author 塚本直樹
ARってなにができるの? Appleが新コンテンツ「iOSのための拡張現実」を公開
Image: Apple


今だって、できることは多いですよ?

Apple(アップル)が2017年に発表した、ARプラットフォームこと「ARKit。発表された当初は驚きが先行しましたが、その後は段々と対応アプリも増えています。そんな現状を踏まえ、Appleは新コンテンツ「iOSのための拡張現実」を公開しました。


180223_ios_ar
Image: Apple


コンテンツでは、「AR+作業効率」「AR+遊び」「AR+学び」の3つの項目にわけて、ARアプリが紹介されています。たとえば作業効率を向上させるアプリとしては、家具を購入する前に部屋で試せる「IKEA Place」などが有名ですよね。


180223_ios_ar_2-1
Image: Apple

また遊びのアプリではド定番の「ポケモンGO」だけでなく、ティラノサウルスと散歩する「Monster Park」も面白そう。

それに学びのコンテンツでは、宇宙にかざすだけで恒星や惑星、それに国際宇宙ステーションの軌道も確認できる「スカイ・ガイド」が気になりました。

iOSのARアプリはこれらだけでなく、ARによるナビアプリ「AR Map」、スケッチデザインアプリ「Morpholio Trace」、なんと語学学習アプリ「DROPS」も登場しています。ARで語学学習とはなんとも不思議ですが、それだけARの秘めた可能性が大きいということでしょう。

なお、ARKitは最新OSの「iOS 11」、それにiPhoneの先進のAシリーズプロセッサやカメラ技術、モーショントラッキングの組み合わせで成り立っています。もちろん最新機種だけでなく、iPhone 6s/6s Plus以降の端末やiPhone SE、iPad Pro(全てのモデル)やiPad(第5世代)でも楽しめるので、ぜひ最新のiOSにアップデートしてARの世界に飛び込んでみてください!


Image: Apple
Source: Apple

(塚本直樹)

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ