「ARCore」正式版リリース! Google Lensもさらに賢く

  • author 塚本直樹
「ARCore」正式版リリース! Google Lensもさらに賢く
Image: Google

ARKit vs ARCoreの戦いへ。

Apple(アップル)は2017年からARプラットフォーム「ARKit」を展開していますが、Google(グーグル)もそれに負けじと、同じくARプラットフォームの「ARCore」の正式版のリリースを発表しました!

スペインで開催中のMWC(モバイル・ワールド・コングレス)でリリースされるARCore 1.0(正式版)は、スマートフォンやタブレット端末でのARコンテンツの開発を支援するプラットフォームになります。これまで開発者向けには機能が限定されたプレビュー版が配布されていましたが、今後開発者はARCoreを利用したリッチなARコンテンツ製作に全力で取り組めることになります。

20180227nar2

こちらは、現実世界にポルシェのスポーツカーをAR技術を利用して召喚するデモです。さらに、自分の部屋に仮想の家具を設置してインテリアの参考にする、などの例も紹介されています。

ARCoreの正式版は13機種のスマートフォン(Pixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL、Galaxy S8/S8+、Galaxy Note8、Galaxy S7/S7 edge、LG V30/ V30+、Zenfone AR、OnePlus 5 )に対応。さらに、今後も対応端末がSamsung(サムスン)やHuawei(ファーウェイ)、ソニーなどのパートナー企業から発表される予定です。

20180227nar3

そしてカメラを向けた先の情報が認識できる「Google Lens」では、数週間以内に英語版「Google フォト」アプリ(Android、iOS問わず)にプレビューが拡大されます。また追加機能として、一般的な動物や植物、犬種や花の種類が認識できるようになるんだとか。柴犬と秋田犬を見分けることができるのか、個人的になんとなく気になりますね。



Image: Google
Source: Google

(塚本直樹)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ