海外で酷評された絵文字映画『The Emoji Movie』が邦題『絵文字の国のジーン』として、ついに日本上陸
Image: (c) 2017 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. “emoji”TM is a trademark of emoji company GmbH used under license.

海外で酷評された絵文字映画『The Emoji Movie』が邦題『絵文字の国のジーン』として、ついに日本上陸

海外でいろいろな意味で話題になった映画『The Emoji Movie』が邦題『絵文字の国のジーン』として、ついに日本でも2月17日(日)に公開されました。ビデオスルーするかな、なんて思ってましたが、まぁソニー・エンターテイメント・アニメーションの作品なので日本公開は免れなかったのでしょうね。

Video: SonyPicturesJapan / YouTube

まずはストーリーを簡単に説明しましょう。

スマホで使われる絵文字たちは、スマホの中に存在する絵文字の国「テキストポリス」に住んでいます。絵文字たちは決められた表情しか作れませんが、「meh(ふーん)」のジーンは表情豊かなことが災いして、初出勤の日にヘンテコな表情を作ってしまいます。システムに問題があると言われたジーンは、本来の「meh(ふーん)」な自分を取り戻すために、スマホの奥に冒険に出ることにーー。

うわーーー、なんかどっかで聞いた要素がいっぱい! まず「中の世界と外の世界」が存在するって設定が、ディズニーの『シュガー・ラッシュ』、ピクサーの『インサイド・ヘッド』、ワーナー・ブラザーズの『レゴ・ムービー』と同じですね。

携帯の中に入って行ったらお馴染みのアプリが妨害してきたり、「削除」機能に悩ませられたり。こういう設定も上に出てきた作品らと傾向は一緒です。

では、『絵文字の国のジーン』は大成功したアニメ映画同様、愛されムービーになれるのか…?

多くの映画ファンがチケット購入の指針にしている映画サイトRotten Tomatosの評論家によるコメントを見てみましょう。あ、ちなみにトマトメーターは現時点で9%(公開時の5%から4%もアップ!)ですよ。


「凄まじく酷いだけでなく、凄まじく退屈」(Village Voice Bilge Ebiriさん)


「ほぼ全てのセットやセリフがなにかの二番煎じ。しかもかなりクオリティの低い二番煎じ」(Starburst J.R. Southallさん)


「小さい子供とその親だけが多少の面白さを感じられるかもしれない映画。普通の大人は怒りに任せてスマホをぶっ壊すかもしれない」(Filmfore Rachit Guptaさん)


「約80分の精神拷問」(Flick.co.nz Adam Frescoさん)


まぁまぁ、結構な言われようですね。もっと酷いことも沢山言われていますが、これ以上は控えますね。

では、一足先にマレーシアで鑑賞した私はどんな感想を持ったのか。

えーっと、上で取り上げた「精神拷問」が近いかな、と。「苦行」ですね。一応、子供用映画なので子供と行こうと思ったんですが、当時4歳だった息子が劇場予告を見て「これはやめておく」と言ったことを書き添えておきます。あ、この苦行を終え て、またひとつ経験値がアップしたな、とは感じましたよ。それと劇場を後にするときに他の鑑賞客と変な仲間意識が生まれましたね。

ちなみに、『絵文字の国のジーン』は17日から配信も開始されています。怖いもの見たさや興味本位で配信鑑賞しようとしている方もいるかもしれませんが、私は劇場鑑賞を勧めます。ほら、こういう映画ってむしろ他の鑑賞客の反応を見るのが楽しかったりするので。デートにはオススメしませんが、クソ映画好きな友達と言ったら見終わった後の会話が盛り上がるかもしれません。


Image: (c) 2017 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. “emoji”TM is a trademark of emoji company GmbH used under license.
Source: iTunes, 映画『絵文字の国のジーン』オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ, YouTube, Rotten Tomatos

中川真知子

こちらもおすすめ