ついに、牛の顔認証が始まろうとしている。でも何に使う?

  • author Rina Fukazu
ついに、牛の顔認証が始まろうとしている。でも何に使う?

スマホのアンロックの話じゃありませんよ。

空港だけでなく、サッカーの試合小学校まで.....。世界中で検討、導入が広がりつつある顔認証システム。食品などを扱う米大手企業カーギルは、アイルランドのソフトウェア企業Cainthusと連携して牛の顔認証技術の運用に向けて始動することを発表しました。

Cainthusのプレスリリースによると、顔認証によって食事パターン、健康状態、行動の変化をモニターし、畜産者に直接インスタントアラートを送信することを計画しているといいます。餌場にカメラを設置することで、AIが牛の顔を認識し、日頃の行動パターンのベースラインを定めることが可能だといいます。

以後はアルゴリズムによって、飲食の量が減っていないか、動きが遅くなっていないか、体重が増減していないかなどの変化をフラグしてくれます。同社によると、AIが健康問題を検知することで、酪農家の餌やりのスケジュール調整や意思決定の効率化、コスト削減がねらえるとのこと。

昨年には、AIを使って鶏の鳴き声を「解読」しようと試みた科学者たちがいます。その目的は今回の牛の顔認証と同様に、病気の兆候を早期発見するために健康状態を監視すること。昨年11月には、装着したカメラから鶏の虐待問題が発覚し、さらに従業員のプライバシーを訴える問題といった別の方向に発展したのですが...。AIによる監視技術は、家畜の扱い方までも透明化するということでしょうか。

生体認証システムといえば、身近なところではスマホのアンロック、そうでないところではテロ対策や海外の法執行機関なんかを想起しそうになりますが、すでに食品産業にも参入してきていることがじわじわと実感できます。とはいえ肌身でそれが感じられない今の段階では、どれほどの効率性が期待できるのか、消費者として価格に影響はあるのか......といった具体的な話はまだ先になりそうですね。

カーギル社とCainthus社の今後のアナウンスメントに、引き続き要注目です。


Image: Cargill and Cainthus
Source: Bloomberg via PR Newswire

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by