女子高生からスマホ没収した校長、エッチな写真を抜き出して転売し逮捕...

  • 10,686

  • author 湯木進悟
女子高生からスマホ没収した校長、エッチな写真を抜き出して転売し逮捕...

なななんですと?

学校の先生、とりわけ校長先生は、社会から尊敬を集める立場の人であってしかるべきでしょう。周囲の生徒や保護者、先生方からも、常に信頼を受けるに値する人物のはずです。でも、その信任を裏切って、生徒を性的に食い物にするだなんて、絶対にあってはならない犯罪ですよね…。

ところが、このほど米国ケンタッキー州の高校で学校長を務めていたStephen Kyle Goodlettに対して、9年の懲役刑が言い渡されました。その理由は、児童ポルノの所持および流布に関与したというものです。

The Seattle Timesの報道によると、この前校長は、児童ポルノに相当する436枚の写真および11本の動画を保管。さらにDropboxのアカウントからは、10歳から14歳までの少女のヌード写真が次々と見つかりました。

事の発端は、前校長が教壇に立っていたElizabethtown High Schoolを卒業した女子学生が、なにやら知らぬ間に、自分が15歳のときに撮影した自撮りヌード写真が、インターネット上に出回っていることを発見した事件にさかのぼります。ボーイフレンドの助けを得て、警察に連絡し、流出した写真を追跡していった結果、あろうことか、自分を高校時代に教えていたGoodlettのアカウントからの発信が確認されたということですね!

どうやらGoodlettは、高校教師として働くかたわら、なにかと言いがかりをつけて女子生徒たちからスマートフォンを押収し、そのなかからエッチな写真や動画を抜き出しては、こっそりUSBドライブへと保存することを繰り返していたのだそうです。その後、ロシアのポルノサイトなどへ売り飛ばし、許可なくネット上にばら撒いていたんだとか~。

子どもたちのために安全な学習環境を整えるべく、保護者は教育者に対して信頼を置いて然るべきだ。Goodlettは、この信頼を裏切ったばかりか、自らの卑しい欲望を満たすため、生徒たちを食い物にした。十分に厳しい処罰に値するだろう。

今回の事件について、弁護士のRussell Coleman氏は、このように語っています。

犯人に厳しい処罰が言い渡されたとしても、すでにインターネット上に広く出回った子どもたちのヌード写真などは、簡単に取り消すことができません。知らないうちに、自分の恥ずかしい姿をさらされ、消し去ることすらできない被害を受けた子どもたちは、その苦しみを今後ずっと背負って生きていくことになります。そういう意味では、これは単なる児童ポルノに絡む犯罪だけでなく、リベンジポルノという観点からも裁かれねばならない、との声もあがっているようですね。


Image: Getty
Source: The Seattle Times


Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)