iOSとAndroid、両方のアプリを一度に作れちゃう優れモノ! Googleの隠れた戦略が見える「Flutter SDK」
Image: Google via Part Jansari/Medium

iOSとAndroid、両方のアプリを一度に作れちゃう優れモノ! Googleの隠れた戦略が見える「Flutter SDK」

  • 5,177

「一度書けばどこでも実行できる」はデベロッパーの夢ですもんね。

iOSアプリとAndroidアプリ、どちらを(先に)開発したものか…」。この悩みはどのアプリ開発者も一度はぶつかるものではないでしょうか。ユーザー側も「iOSアプリはあるのにAndroidアプリがない…」など、スマホのプラットフォームが二つあることの弊害は今日も人類を唸らせます。しかし、もうその日々ともおさらばできるかもしれませんよ、このFlutter SDKがあれば。

Video: Google Developers/YouTube

通常、iOS用のアプリはiOS専用に開発されていて、Android用も同様です。専用に開発することでそれぞれのアプリがそれぞれのOSで最適に動作させやすくなるのですが、同じことを二度書くのは大変ですし、コストがかさみます。小説を一度書いたのに、自分で別の言語に翻訳しなきゃいけないようなイメージです。

でもFlutter SDKはというと、専用に開発されたかのようなクオリティーのアプリを一度の開発で実現させることを目標としています。一度書けば勝手に翻訳してくれる。これは楽ですよね。ユーザー側もiOSとAndroid両方のアプリが届きやすくなるので、全員がハッピーになれます(一番ハッピーなのはGoogle:後述)。

この度は、そんなFlutter SDKがベータ版になった、というお知らせです。アルファ版のときと比べて大幅に拡充・最適化されているとのことなので、アプリ開発者の方、試してみては?

ちなみにみなさん、Fuchsia OSというものはご存知でしょうか? こちらGoogleが開発している次世代OSなんですが、ArstechnicaによるとそのUIはすべてFlutter SDKによって開発されているそうです。ここから見えてくるGoogleの戦略は、こんな感じじゃないでしょうか?

iOSとAndroidのアプリをFlutter SDKで開発しやすくしよう

そうすればみんながFlutter SDKでアプリを開発してくれるだろう

Flutter SDKで開発されたアプリはFuchsia OSでも機能するから

Fuchsia OSは公開初日からいろいろなアプリが使える便利なOS

大成功。

Google賢い! でもFlutter SDKの魅力に抗えない! 次期OS競争もGoogleは有力候補となりそうですね。


Image: Medium
Video: YouTube
Source: Flutter, Seth Ladd/Mediumm, Arstechnica,

(西谷茂リチャード)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ