ゲームをネット越しでプレイできる、GoogleのYetiプロジェクト

  • author 岡本玄介
ゲームをネット越しでプレイできる、GoogleのYetiプロジェクト
Image: Google

「おーけーぐーぐる、いえてぃーでPUBGをプレイ」なんて未来がすぐ来る?

技術の発展により、もうゲームはダウンロードせずストリーミングのみでも楽しめることになりそうです。Google(グーグル)のYeti(イエティ)というプロジェクトが明らかになりました。

ここ数年、ソニーやNvidia(エヌビディア)もストリーミングによるゲームを提供するべく頑張っていました。ソニーPlayStation NowはPS4とPCでゲームが楽しめますし、Nvidiaも同様にGeForce Now経由にてSHIELD デバイスやNvidia GPU搭載のPCを使えばストリーミングができるようになっています。

ですがこれらのサービスはまだニッチで、値段の高いゲーム機や高性能のPC機能に依存せざるを得なかったりするんですよね。

それを解決しようというのがGoogleのYeti。Chromecast対応機にゲームをストリームできるらしく、Google Homeなどを通じてテレビでゲームを楽しめる可能性が急浮上。

The Informationによりますと、「Yetiは2017年後半にリリース予定だったのが延期となっていますが、実現すれPCのパワーに頼らずともゲームがプレイできるようになります。インターネットが高速になったおかげで、Googleのクラウド上にゲームをロードしながら、個人宛に十分な容量の映像データをストリームできるようになったからです。」と伝えています。

Googleは2012年にNexus Qで、そして2014年にはゲームコントローラー付きのNexus Playerでゲーム・ストリーミングに挑戦したことがあります。ですがメジャーなタイトルがプレイできるほどパワフルではなかったんですよね。

Yetiはほかのゲーム・ストリーム・サービスを提供しているGameFlyLiquid SkyParsecといったベンチャー企業たちがライバルになるかもしれませんが、ChromecastとGoogle Home、それにかつての経験もあるので何手も有利だと思われます。

スマホゲーム台頭のせいか、最近はコンソール機の電源を入れるのを億劫に感じる人たちが多いそうです。Yetiならそうした層を再びゲームの世界に取り戻せるかもしれませんね。


Image: Google
Source: PlayStation Now, GeForce Now, SHIELD, The Information, GameFly, Liquid Sky, Parsec

Sam Rutherford - Gizmodo US[原文
岡本玄介

あわせて読みたい

powered by