どこでもコロコロ転がって監視! 球体型監視カメラ「Guardbot」

  • author 岡本玄介
どこでもコロコロ転がって監視! 球体型監視カメラ「Guardbot」
Image: Guardbot Inc/YouTube

しかも水陸両用!

いわゆる「監視カメラ」というと、壁にくっついて一点をジーっと映すのみって感じですよね。動いてもせいぜい左右120度くらいに首を振るだけ。

ですが、そんな監視カメラの概念をガラっと変える、自発的に移動してアクティヴに撮りにいっちゃうカメラが開発されたというからビックリです。

これは球体形のタイヤの左右にカメラが搭載され、悪路でも水上でもコロコロと転がる目からウロコなカメラの「Guardbot」

Video: Guardbot Inc/YouTube

耐久性に特化したアルミ製ボディーがイカしてますね。

公式サイトによりますと、これなら水上はおろか、でもでも問題なく走るとのこと。ご近所の安全どころか、火星探査も視野に入れて開発されたのです。

一度の充電で25時間連続稼動ができ、走行速度は地上で約14km/h、水上なら約5km/hで進めます。GPSも内蔵されているので、迷子になることもありません。

現在は最小14cmから最大2.5mまでのサイズがあるとのこと。カメラは録画だけでなく生配信もできるので、サッカーなど試合会場からフィールドの内外を走り回って中継することだって可能です。

Video: Guardbot Inc/YouTube

いつの日か火星から生中継してくれたら! なんて夢が広がりますが、まずはご近所の平和を守ることから、でしょうね。


Image:Copyright and property of Guardbot Inc., YouTube
Source: YouTube (1, 2) via GUARDBOT


岡本玄介

あわせて読みたい