なぜ? HomePodは実質ベータ版iOS搭載で出荷されている模様
Photo: 塚本直樹

なぜ? HomePodは実質ベータ版iOS搭載で出荷されている模様

海外で使って、問題は感じませんが…。

Apple(アップル)のスマートスピーカー「HomePod」では設定のための「ホーム」アプリを見ると、内部的にiOSが動作していることが判明しています。それはそれで興味深いのですが、さらに海外サイトによれば、このiOSはどうも実質的にベータ版のものらしいのです。

ホームアプリでバージョン情報を確認すると、出荷されたばかりのHomePodのファームウェアは「iOS 11.2.5 build 15D59」と表記されています。これは、iOSの最新公式バージョン「iOS 11.2.5 build 15D60」とも、若干ビルドナンバーが違ってます。

9to5Macによれば、このiOS 11.2.5 build 15D59は「iOS 11.2.5 beta 7」と同時にリリースされています。これは従業員によって検証されていたバージョンで、下の画像のように「Living On Beta 3」という扱いになっているようなんです。

201802012nhomeios
Image: 9to5Mac

なお、HomePodでは今後のアップデートによってマルチルームオーディオやステレオ再生機能が追加される予定です。今後、HomePodに配布される正式版のソフトウェアでは、これらの機能が実装されるのかもしれませんね。


Photo: 塚本直樹
Image: 9to5Mac
Source: 9to5Mac

塚本直樹

こちらもおすすめ