2モデルのiPadが登場間近? 登録情報から考察すると…

  • 14,608

  • author 塚本直樹
2モデルのiPadが登場間近? 登録情報から考察すると…
Image: Apple

そろそろ新モデルが欲しくなってきました。

Face IDやベゼルレスデザインなど、いろいろな噂が登場している「新型iPad」。海外では、Apple(アップル)が2モデルのタブレット製品を近日中に発表する可能性が報じられていますよ!

Consomacが発見したユーラシア経済連合への登録情報によると、Appleは「A1954」「A1893」という2つのモデルナンバーの製品を開発しています。これらはiOS 11が動作するタブレット端末ということで、おそらくなんらかのiPad製品に相当する可能性が高そうです。

これまでの経験則では、ユーラシア経済連合へと情報が登録されると、3月にも新製品が発表されることが予測されます。これはタイムフレーム的に、顔認証機能「Face ID」を搭載しベゼルレスデザインになった「新型iPad」ではなく、従来のiPadのアップデート版に相当しそうです。

では、どのiPadがアップデートされるのか…これは、昨年3月に発売された廉価な「iPad」の新モデルに相当しそうです。iPadは「iPad Air」の性能をアップグレードしながらも、ディスプレイにベーシックなグレードのパーツを採用し、日本価格で3万7800円(税別)と廉価で販売されました。この後継機種も、やはり廉価な価格が設定されることでしょう。

廉価版iPadのアップグレード版ということで、3月にメディアイベントが開催されるかどうかは不明です。もしかすると、ホームページが更新されてさらっと新製品が追加されるのかもしれません。


Image: Apple
Source: Consomac via 9to5Mac

塚本直樹

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ