Lenovoのラップトップ「Thinkpad X1 Carbon」にリコール。発火の可能性あり
Image: Alex Cranz/Gizmodo

Lenovoのラップトップ「Thinkpad X1 Carbon」にリコール。発火の可能性あり

残念。

軽くて、パワフル、どことなく懐かしいデザインで人気のラップトップLenovo Thinkpad X1 Carbon (第5世代)にリコールがかかりました。

Lenovo(レノボ)が発表した今回のリコール。対象となるのは、2016年12月から2017年10月までに生産されたものです。日本外で購入されたものも対象です。Lenovoが用意したこちらのウェブサイトに「マシンタイプ」と「シリアルナンバー(S/N)」を入力すると対象端末かどうかチェックできますよ(対応窓口の情報もこちら)。ちなみに、対象製品には無償点検と無償修理が提供されるそうです。

Lenovoいわく、「バッテリーが異常に加熱している」という報告が3人のThinkpad X1 Carbonユーザーからそれぞれ届いたことによって問題が発覚したそうです。異常加熱の原因とみられるのは、生産過程でユニット内に放置されてしまった小さなネジ。このネジがバッテリーにダメージを与えてしまうと、オーバーヒート→発火の可能性があるとのこと。現段階では実際に発火した、発火によって人やモノが被害を受けた、という報告はありません。

Lenovoとしては大きなリコールとなってしまったThinkpad X1 Carbonですが、IT界のリコール王の名はまだSamsung(Galaxy Note 7)のもとにあるのでね…。


Image: Alex Cranz/Gizmodo US
Source: Lenovo, United States Consumer Product Safety Comission

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by

    Sponsored