MIDIでも単体でも楽しめます。段ボールでDIYするキーボード「KAMI-OTO」

  • author ヤマダユウス型
MIDIでも単体でも楽しめます。段ボールでDIYするキーボード「KAMI-OTO」
Image: Reo Nagumo/Kickstarter

ルックスも音も懐かしい感じ。

昨年の東京ゲームショウ2017に出展されていた、株式会社Yudo(ユードー)の段ボール製キーボードKAMI-OTOが、Kickstarterでキャンペーンを実施しています。段ボール×鍵盤モノといえばNintendo Laboもそんな感じでしたが、テックはびこるこの時代に段ボールってのはアリよりのアリなんでしょうか?

段ボールを切ったり、たたんだりして鍵盤にし、付属の基板にセットするだけで簡単にハンドメイドなキーボードが作れるKAMI-OTO。基板にはスピーカーもついており、USBで給電すれば単体でも演奏が可能です。MIDI対応の音楽アプリとの連携も抜かりなく、意外なことにベロシティに対応していますよ。

東京ゲームショウで展示していたプロトタイプは、Macのキーボードの上にかぶせるというマトリョーシカなアイディアが光りましたが、改良されてからはかなり楽器っぽくなった気がしますね。内蔵音源のチューニングは少し気になるけど、このへんもいじらせてくれないかなぁ。

Kickstarterでは3,000円からの出資でKAMI-OTO本体を、4,000円でBluetoothつきモデルを入手可能です。音モノとしてはわりとお手ごろ価格ですし、ライブの飛び道具や一目惚れ系おもちゃとしても面白いのではないかと。

ちなみに、Yudoは究極のシンセを謳ったNEUMANなるデジタルシンセも開発中でして、KAMI-OTOと同じく今年のNAMM 2018に出展している模様。こっちの進捗も気になる次第ですよ!


Image: Kickstarter
Source: Kickstarter, Yudo(1, 2), YouTube

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ