2018年の新型iPhone Xはノッチが小さくなる? アナリスト予測より

2018年の新型iPhone Xはノッチが小さくなる? アナリスト予測より

小さいに越したことはなし。

「iPhone X」の最大の特徴ともいえる、画面上部の「ノッチ」。このノッチのデザインについては賛否両論がありますが、アナリストの予測によれば2018年の新型iPhoneではこのノッチが小さくなる可能性があるそうですよ?

MacRumorsの報道が紹介しているバークレイズ銀行のレポートによると、3モデルで展開される新型iPhoneのいずれもがノッチを搭載し、TrueDepthカメラの性能は若干アップしつつも、ノッチ全体のサイズは小さくなる模様。

ノッチの小型化については、以前にもMacRumorsが韓国メディアのetnewsに掲載された「フロントカメラとTrueDepthカメラが統合される」という情報を元に「2019年の新型iPhoneではノッチの縮小が見込める」と伝えたことがあります。今回の2018年に関する報道とは少し時期が異なりますが、技術の進歩によりその小型化が前倒しになった可能性は十分にありえるでしょう。

さらに今回の報告では、今年発売される「新型iPad」へのFace IDの搭載についても触れています。このような展開の根拠はiOS 11.3のベータ版からも見つかっており、個人的にもFace ID搭載の新型iPadはかなり高い確率で登場するものと見ています。

はたしてノッチは小さくなるのか、あるいはなくなるのか。Apple(アップル)デザインの進化に期待したいですね。


Image: Hadrian/Shutterstock.com
Source: MacRumors, etnews

塚本直樹

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ