19歳のビットコイン長者、煽る「10年以内にビットコイン長者になれなかったらあなたのせい」

  • author 塚本 紺
19歳のビットコイン長者、煽る「10年以内にビットコイン長者になれなかったらあなたのせい」

大人を悔しがらせないで。

Erik Finmanは12歳の時に両親と賭けをしました。学校があまりにも下らなく感じられ、大学に行きたくないと思っていた彼の提案は「18歳までに大金持ちになれば大学に行かなくてもいい」というもの。そして彼はおばあちゃんから受け取った15万円ほどのお金をビットコインに投資します。後はもう想像がつきますね、ビットコインの価値が上がり、彼はビットコイン長者となり、大学には行かなくて済んだというわけです。現在150万ドル(約1億6000万円)ほどの価値のビットコインを持っているとのこと(2月1日時点)。

ミリオネアになったあとも引き続き仮想通貨の投資を続けている彼ですが、先日出たビジネスインサイダーの取材で多くの人の気持ちを揺さぶる発言を繰り出しました。特に「一般人が今からEricさんのように成功することは可能?」という問いに対する彼の回答には、米Gizmodoのコメント欄を含めて多くの大人が「お、お金稼ぐのって簡単じゃないんだからね!」と揺さぶられています。

ビジネスインサイダー:テクノロジーには限界もあります。今日の仮想通貨は数年前とは全く違う状況となっています。今もしあなたの両親と同じ賭けをするとしたら、勝てる見込みは同じ位あると思いますか?


Finman:今後10年間、もし仮想通貨を賢く使うことができれば、多くの人はこれまで以上に簡単に巨額の富を築くことができるでしょう。この分野はまだ相対的に小規模です。市場価値は5000億ドルをちょっと上回る程度です。誤解して欲しくないのですが、これはもちろん非常に高い額ではあります。しかし他の資産と比べると小規模です。そのため今後10年間にもしもあなたが百万長者になることができなければ、それはあなたの責任だと言えるでしょう。この分野では、新しいビジネスモデルやイノベーションがまだまだ現れてきています。そのため、多くの投資の機会が存在しています。

「10年後に百万長者になっていなければ、あなたの責任」…確かにちょっとカチンとくる口調です。米GizmodoのMatt Novak記者も「10代の子供というのは口の閉じ方を知らないものだから、彼に厳しくあたる必要は無い」と言いつつも、行間からいらつきがにじみ出ています。コメント欄にも「今初めて、ビットコインがクラッシュしたらいいのにと思った」といった書き込みがされています。ごめんね、大人は嫉妬深くて…。

冗談はさておき、軽々しく仮想通貨に大金をつぎ込むのは危険です。老後のための貯金を全てなくしてしまったとしても、それはEricさんではなくて自分の責任です。

Ericさんは自分の経験を10代の子どもたちがスピーチをするTED x Teenでも語っています。こちらがEricさんのスピーチ。うーん、ほんとに若いですね。く、悔しくなんか、ないんだからね!


Image: TEDx Talks / YouTube screenshot
Source: Business Insider, TEDx Talks/YouTube

Matt Novak - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

こちらもおすすめ