大正2年建造、築100年の建物をリノベーション。京町家×IoT設備のゲストハウス

  • ROOMIE
    大正2年建造、築100年の建物をリノベーション。京町家×IoT設備のゲストハウス

    この記事はROOMIEからの転載です

    最近、各地でゲストハウスが建設されている。コーヒースタンドとバーを併設したものや古民家をリノベーションしたもの、そして地域住民と交流を図るものなど、さまざまなアイディアとともに、そのバリエーションは豊かになっている。

    そしてまたひとつ、新しいゲストハウスが生まれた。

    外観1
    土間リビング6
    坪庭2

    こちらは京都駅から徒歩9分、東寺駅から徒歩3分の西九条針小路にオープンしたばかりのゲストハウス「宿ルKYOTO 和紙ノ宿」。6月28日、東寺や西本願寺、京都水族館などの観光名所にも徒歩で行くことができる南区西九条エリアにできた施設だ。


    築100年の建物、リノベーションする前は一体どんな姿だったのでしょうね。また、京町家のビジュアルとのギャップも感じられるIoT設備もあるんだとか…。続きはROOMIEでご紹介!


    Image: 宿ルKYOTO 和紙ノ宿
    Source: Booking.com

    (鈴木拓郎太)

    あわせて読みたい

    powered by