スマスピ比較:HomePodは勝ち抜けるのか? 総合ベストは意外にも…

  • author 福田ミホ
スマスピ比較:HomePodは勝ち抜けるのか? 総合ベストは意外にも…
Image: Gizmodo US

AmazonでもGoogleでもないとこが勝ち。

最近新しく発売されるワイヤレススピーカーはどれも音声アシスタントが搭載されているような気がします。2014年にAmazonがEchoを発表して以来、スマートスピーカーという概念はガジェット界に旋風を巻き起こしてきましたよね。そして今年はAppleがHomePodを発売し、スマートスピーカー市場への参入を(やっと)果たしたという流れ。

今我々は、結局どのスマートスピーカーがいいのか?という疑問を抱かされています。そこでさっそく、米Gizmodoが各社の主要スピーカーをいくつかの視点で比較してみましたよ。

Video: Gizmodo US/YouTube

普通のスピーカーがただ音を流すだけなのに対し、スマートスピーカーにはもっとたくさんの側面があります。音質はもちろん重要ですが、それがすべてにおいて優先されるというわけでもありません。毎日話しかける相手の見た目がイマイチだったり、使いにくいデザインだったりすると残念ですからね…。また、なにかしらの機能があったとしても、それが大してスマートじゃなければ普通のスピーカーを買ったほうがいいかもしれません。

というわけで、この記事ではHomePodのレビューを踏まえつつ他のスマートスピーカーたちと比較し、デザイン・音質・賢さ、の3つの視点でそれぞれのベスト製品を選びます。その上で「結局どれがいいのか?」の答えとなる総合ベストを選出します。今回の対象はAmazon EchoGoogle Home MaxUE MegablastSonos PLAY:5Sonos One。結果は、なかなか意外なものになりました。

180222_homepodcompare1
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

デザイン

スマートスピーカーは、音がどうであれまずデザインが重要です。家の中でちょいちょいやりとりをする相手になるので、見た目が良くなきゃいけません。また「デザイン」とは単に見栄えの問題ではなく、使いやすいデザイン、機能的なデザインという意味でもあります。

形と機能のバランスという点で、多くのスピーカーがベスト候補から脱落してきます。まず、総プラスチックじゃなくなったといえ、Amazon Echoはやっぱりダサいです。Sonos PLAY:5もちょっと古い感じがするし、そもそも音声アシスタントがありません。Google Home Maxは、見栄えはいいですが大きすぎます。HomePodは、見た目は良くても外部入力ができません。Sonos Oneはすごくすっきりしてますが、特別良いとも思えません。

180222_homepodcompare2
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

今回テストした中で、デザインという意味ではUE Megablastがベストだと思います。ルック&フィールがいいだけじゃなく、ポータブルな上にものすごく頑丈です。部屋の向こう側に放っても壊れないし、放られても音が乱れることすらありません。しかも防水なので何ならプールに投げ込んだって大丈夫です。

結果は…UE Megablastの勝ち

音質

やっぱり、音質はどんなスピーカーにとってもすごく重要です。しかしスピーカーの音は本体サイズとトレードオフの関係にあり、それはスマートスピーカーだって例外ではありません。物理的に大きなスピーカーの方がサブウーファーで動かせる空気が多くなり、低音の質が良くなるからですね。だから小さいスピーカーだと、音量を大きくしたときに音質が低下しがちです。

そう考えると、Amazo Echoは音質に関して最初から負けてますし、実際の音も全体的に良くありません。一方大きなサイズのGoogle Home Maxは低音重視すぎるし、ポータブルなUE Megablastは、良い音ですが突出してるわけでもありません。

でもHomePodの音は、スペシャルです。特に低音のクオリティと透明度がすごいです。びっくりするくらい美しい音ってわけじゃないですが、でもとにかく低音の良さは聞くとすぐにわかると思います。7つのツイーターが底部を囲むように搭載されていて、高音もすごく良いです。ただ中音は、完全に抜けている感じです。

180222_homepodcompare3
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

そこでSonosの登場。Sonos Oneはバランスの取れた音で部屋を満たしてくれるし、Sonos PLAY:5もパーティにうってつけです。低音はどちらもHomePodほどじゃありませんが、全体としてはSonosのチューニングの方が、多くの人が良い音だと感じられるものになっていると思います。実際の音(といっても動画経由ですが)は、上の動画の1:45〜3:01あたりで聞けます。

結果は…Sonos PLAY:5とSonos Oneの勝ち!

賢さ

まず最初に言いたいのは、HomePodのSiriは今のところそんなに賢くないってことです。HomePodの機能はなんでかApple純正アプリのみ、つまりカレンダーとか天気とかメッセージとかに限定されてるんです。なのでテキストメッセージは送れるんですが、Web検索はできません。それに音楽もApple MusicかiTunesじゃないと聞けません。SpotifyみたいなサードパーティのサービスをHomePodで使うには、何らかの端末でそのサービスを使ってAirPlay経由で(HomePodのBluetoothは音楽には使えないので)HomePodに飛ばすという面倒なことをする必要があります。わりと賢くないですよね。

賢くないといえば、Sonos PLAY:5には音声アシスタントがそもそも入ってません。Sonos OneとかAmazon Echo DotとかGoogle Home Miniにつなげればある意味賢くなれますが、今回の比較はあくまでデバイス単体を対象にしているので、Sonos PLAY:5はこの時点で脱落します。

一方、家にある他のガジェットとの互換性という視点から見れば、HomePodは新しいHomeKit対応アクセサリとしか連携できなくて不便です。対してAmazon Alexa搭載スピーカー、つまりEchoやSonos Oneなどは連携できるデバイスの数が一番多くていいですね。Google Assistant搭載スピーカーはそこに僅差で続きます。

180222_homepodcompare4
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

とすると、Amazon Alexa系かGoogle Assistant系かの二択、かと思いきやどちらでもないけどどちらでもある、Sonos Oneが存在します。Sonos OneはすでにAlexaを搭載してますが、今年中にGoogle Assistantにも対応予定なんです。とすると両方のいいとこどりができるわけで、Sonos Oneが世にあるスマートスピーカーの中で一番たくさんのことができて、賢いってことになります。

結果は…Sonos Oneの勝ち!

総合ベストは?

今までの結果をまとめると、

< class="" >

デザイン:UE Megablast
サウンド:Sonos PLAY:5とSonos One
賢さ:Sonos One

という結果になっています。

もし手持ちのガジェットが全部Apple製品で、有料サービスもAppleのしか使っていないのなら、HomePodが良い!ってなるかもしれません。たしかに音がユニークで、優れたスピーカーだとは思います。Siriも、あまりいろんなことができないっていう意味ではユニークなアシスタントですしね。それに考えてみれば、本当はスピーカーからツイートしたり買い物したり、そんなことできない方がいいのかもしれません…よね?

とはいえほとんどの人にとってのベストスマートスピーカーは、Sonos Oneです。ワイヤレススピーカーで先行してきたSonosらしく、音が素晴らしいし、特定のプラットフォームに偏らないオープンな姿勢もすごく良いと思います。

総合ベストは…Sonos Oneで決定です!


Image: Gizmodo US, Adam Clark Estes/Gizmodo US
Video: Gizmodo US/YouTube

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by