イジワル人間に負けない! ボストン・ダイナミクスの犬型ロボットvsヒト

  • author 岡本玄介
イジワル人間に負けない! ボストン・ダイナミクスの犬型ロボットvsヒト
Image: BostonDynamics/YouTube

試験なのはわかるけど、意地がワルーい!

かつてのデザインと比べて黄色いボディーでポップになった、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)の新型ロボ犬「SpotMini」。別のSpotMiniを「お先にどうぞ」してあげていた優しいロボットわんこなのですが…。

ボストン・ダイナミクスでお馴染みの、イジワル人間がまた登場しました。いくら邪魔されても必死でドアを開けようとするSpotMiniに、心のなかで「ガンバレ!」と応援してしまいます。

ロボット・アームを開いている様子は「もう! やめてよー!」って叫んでいるようにも見えますね。
Video: BostonDynamics/YouTube

SpotMiniはボディーに仕込まれたカメラでドアが開閉しているかを判断し、アームの中にあるカメラがドアノブを捉えます。そして画面の外にいる操縦者からドアを開けという「Go」とコマンドを指示されると、どれだけ邪魔されてもドアノブを開こうとするのです。

しかしそこにイジワル人間が登場! SpotMiniはそれでもしっかりとその目的を果すことができるのか? 強引に引っ張られてもバランスは保てるのか? など多数の項目がテストされていたんですね。

かつては二足歩行のAtlas君も、ホッケー・スティック作業の邪魔をされまくっていましたし、ボストン・ダイナミクスでの意地悪はテストとしての通過儀礼なのです。そのお陰か、Atlas君は今バク宙までできるようになりました。

SpotMiniもこの調子で意地悪されまくれば、スゴい一芸を身に付けるようになるかもしれません。

ボストンダイナミクス「注:この試験はロボットを苛立たせも傷つけもしません」


Image: BostonDynamics/YouTube
Source: BostonDynamics/YouTube

岡本玄介

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ