スティーブ・ジョブズ直筆のエントリーシートやサイン入り新聞紙がオークションに出品中
Image: RR Auction

スティーブ・ジョブズ直筆のエントリーシートやサイン入り新聞紙がオークションに出品中

お値段はどれくらいになるのかな?

これまでにも、Apple(アップル)や前CEOのスティーブ・ジョブズゆかりのあれこれがオークションに出品されてきましたが、今回はあまり見慣れない品々が登場しました。ジョブズ直筆のエントリーシートと、サインされたマニュアルと新聞のあわせて3点です。

オークションサイトのRR Auctionに登場したこれらですが、まず注目のエントリーシートは1973年、ジョブズがリード大学を中退した直後に記入したものです。ちゃんと、名前欄には「Steven Jobs」と書いてあります。住所はリード大学で、電話番号はなし。当時はこれが普通だったのでしょうか?

また、上部右の画像は、Mac OS Xのテクニカルマニュアルにジョブズのサインが入ったもの。サインは2001年にされたもので、名前とともに「All the Best」の文字も。MacRumorsによれば、このマニュアルはクパティーノの本社の駐車場でサインを貰った逸品らしいですよ。

20180223njpbs3
Image: RR Auction

そして、最後はジョブズ自身のニュースの新聞記事にサインをささっと走り書きしたもの。ジョブズのサインの下にはiPodを発案したTony Fadell(トニー・ファデル)のサインもあります。

なお、RR Auctionではエントリーシートは5万ドル(約533万円)以上、マニュアルは2万5000ドル(約266万円)以上、新聞へのサインは1万5000ドル(約166万円)以上での落札が予想されています。はたして、ジョブズの青春時代のエントリーシートは誰が入手することになるんでしょうか?


Image: RR Auction
Source: RR Auction via MacRumors

塚本直樹

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ