Surface LaptopにCore m3プロセッサの低価格モデルが追加。これはバーゲンセールといっても良さそう

  • 5,670

  • author 塚本直樹
Surface LaptopにCore m3プロセッサの低価格モデルが追加。これはバーゲンセールといっても良さそう
Image: Gizmodo US

ただし日本では未発売(恒例)。

Windowsラップトップとして確固たる地域を築きつつあるのSurfaceファミリーですが、Windows CentralによればMicrosoft(マイクロソフト)は「Surface Laptop」に廉価モデルを追加しました。価格は799ドル(約8万8000円)と、以前のSurface Laptopの最安値モデルよりも200ドルもお安い設定です。

これにより、Surface LaptopはSurfaceラインナップで最も低価格な製品となりました。一応Microsoftは799ドルのタブレット端末「Surface Pro」も販売しているのですが、こちらにはキーボード(カバー)は付属していません。このSurface LaptopにもSurface Proにも、第7世代のCore m3プロセッサと4GBのRAM、ちょい少なめの128GBのストレージを搭載しています。他社の製品を見比べると「Lenovo 720」は第7世代のCore i5プロセッサ(50ドルマシで第8世代のCoreプロセッサに変更可)、8GBのRAM、256GBのストレージ、タッチスクリーンを搭載して同じ値段です。

ちなみにApple(アップル)は第7世代のCore i7 m3プロセッサを搭載したMacBookを1,299ドル(14万2800 円)で販売しています。これもAppleのブランド力のなせる技だと思うので、Microsoftにはブランド力と価格のバランスが取れた戦略で頑張って欲しいですね。ともかく今回のSurface Laptopは、スペック関係なしにSurfaceが必要な方にとってはバーゲンセールと言ってもいいのではないでしょうか。


Image: Gizmodo US
Source: Windows Central

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ