スマホでも2ケタの大台へ。Vivoが初のRAM10GBスマホを準備中か?

  • author Doga
スマホでも2ケタの大台へ。Vivoが初のRAM10GBスマホを準備中か?
Image: Weibo via SHLASHGEAR

2ケタ!

昨今スマートフォンに搭載されるRAMがドンドン大きくなってきています。ミドルレンジのスマホでも3GBくらいはあたり前になってきていますし、昨年なんて「OnePlus 5「や「Razer Phone」がついに8GBを搭載しちゃいました。そして、今年は10GBの大台にのりそうですよ!

中国のサイトWeiboの投稿内容(現在はページが削除されています)を報じたSLASHGEARによると、中国のVivoが世界で初めて10GBのRAMを搭載した最新モデル「Xplay7」を準備しているそうなんです。10GBですよ? スマホで10GBって果たして必要なのかどうか、私では判断しかねる領域です。たとえば、現在では一番値段のするChrome OSノートブック「Pixelbook」(下位モデル)ですら、RAMは8GBですからね?

RAMというのは「ランダム・アクセス・メモリ」の略で、その名のとおりスマホの中の記憶装置のようなものです。大きければ大きいほど、それだけ多くの情報を記憶して、処理を一度にたくさん行えるようになります。なので、そりゃあ大きいことに越したことはないんですが、スマホのRAMが2ケタ台にのったことにちょっと驚いちゃいますよね。それくらい、私たちはあらゆることをスマホで行なうようになったということでしょう。

ちなみに、このXplay7は話題となったSynaptics社のディスプレイの指紋認証技術も搭載し、ディスプレイ解像度は4K、プロセッサはSnapdragon 845、そしてSONY(ソニー)製のデュアルカメラセンサーを搭載と、なかなか豪華な仕様となっています。しかも、詳しくは明らかになっていないものの「Face ID 2.0」と呼ばれる顔認証技術も準備中なんだとか!

一体、RAM10GBのスマホはどんなユーザー体験を提供してくれるんでしょうか?

Image: Weibo via SLASHGEAR
Source: SLASHGEAR

(Doga)

あわせて読みたい

powered by