各社の体験コーナーをのぞいてみましたが最長行列はソニーの「α7 III」 #CPplus
Photo: 武者良太

各社の体験コーナーをのぞいてみましたが最長行列はソニーの「α7 III」 #CPplus

わかる。わかった。この人気の高さ。

α7 IIIハンズオン:ミラーレス一眼時代を告げる「完成されたベーシック」で「AFめちゃ速い!」とお伝えしましたが、あー、これは、確かに。

α7 III」の位相差検出AFはフレームのほぼ全域をカバーしているのですが、端の方でもタイムラグなくピントを合わせてくれるんですよ。もー、どのエリアにAFポイントを置いても大丈夫。これは写真のウデが上がる(ように思わせてくれる)カメラですわ。

AFといえば、瞳AFの精度もグッと高まりました。瞳AFは、レンズ側ボタンだけではなく、本体側のAF-ONボタンに割り当てることもできます。明るい単焦点レンズ好きなみんなに朗報!

DSC_2132
Photo: 武者良太

クリティカルなアップデートポイントの1つが、サイレントシャッター。これ待ち望んでいた人は多いでしょう! ミラーレスならではの機能ですもんね!

DSC_2135
Photo: 武者良太

んで連写も10枚/秒でしょ。これ、ベーシックモデルですよね。ソニーの考えるベーシックって何ですか!(にこやかに)

DSC_2136
Photo: 武者良太

ファインダーも見やすいなあ。グリップも握りやすくなった。デュアルスロットもありがたい。ジョイスティックも便利。撮影後のデータをPCで見て見ないと何ともいえないところもあるけど、至極真面目に、進化しています。

α7系って、第1世代は実験機的な印象がありました。第2世代で「使えるなー」という雰囲気が色濃くなったけど「ミラーレスにしては」っていうところがあって。

やばいね、第3世代。α7R IIIでも感じたことだけど、カメラ任せにしても安心できるとこが多くなってる。これはエクソダス、ありえるね。


Photo: 武者良太
(武者良太)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ