残り1日!スマホ写真を引き上げるLEDライトレンズ「RevolCam」の特徴をおさらい
Image: machi-ya

残り1日!スマホ写真を引き上げるLEDライトレンズ「RevolCam」の特徴をおさらい

  • Buy
  • machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:普段持ち歩いているスマホカメラでも、工夫次第でもっと質のいい写真が撮れたりします。中でも「明るさ」は重要な要素です。現在Machi-yaでキャンペーン中のスマホ用アタッチメントカメラ「RevolCam(レボルカム)」は、レンズと一緒にLEDのライトが付いています。夜にスマホで写真を撮ると明るさが足りないことが多いですが、Revolcamなら明るさ問題をスマートに解決してくれそうです。キャンペーンが残り1日となりましたので、主な特徴をおさらいしておきましょう。

3種類のレンズを切り替える

Video: YouTube

RevolCam™は、3種類のレンズを回転式に切り替えて使えるスマートフォン用レンズアタッチメントです。使えるレンズは、広角レンズ、魚眼レンズ、マクロレンズの3つ。そのほか、光量を調節できるLEDライト、自撮り用のミラーも付属します。

20180326-revo02
Image: machi-ya

RevolCam™の特徴は、回転式にレンズを切り替えられること。広角レンズから魚眼レンズに変えたいときに、いちいちレンズを脱着して交換する必要はありません。ダイヤルを回すようにレンズを切り替え、すばやく狙いの写真を撮ることができます。

これ1つだけ携帯すればOK

20180326-revo03
Image: machi-ya

RevolCam™を1つ携帯すれば、3種類のカメラレンズ、ライト、ミラーを個別に持ち歩く必要はばくなります。携帯性も経済性も格段にアップすることでしょう。

20180219-rev06
Image: machi-ya

カメラの交換レンズは、使いたいときにすぐに手元にあって欲しいもの。RevolCam™なら、ズボンやバッグのポケットにクリップで装着して持ち歩き、シャッターチャンスにすぐにスマホに取り付けて使うことができます。

自撮りに活躍

20180219-rev07
Image: machi-ya

広角レンズを自撮りに使うと、広く背景全体をフレームに収めることができます。

20180219-rev08
Image: machi-ya

魚眼レンズで自撮りをすれば、全身や周囲の環境をまるごと捉えることも。

製品仕様

20180219-rev05
Image: machi-ya
  • 本体サイズ: 縦 73.4mm x 横 37.6mm x 高さ 39.4mm
  • 総重量:46.6g
  • 広角レンズ(画角:110度 倍率:0.65倍 最大口径16.5mm)
  • 魚眼レンズ(画角:160度 倍率:0.35倍 最大口径:16.5mm)
  • マクロレンズ(倍率:20倍 最大口径:16.5mm)

「RevolCam(レボルカム)」は、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて6980円(税込・送料無料)から支援可能となっています。キャンペーンは残り1日です。商品の詳細は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「RevolCam(レボルカム)」の支援はこちらから



Image: machi-ya
Source: machi-ya

(伊藤貴之)

    あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ