大画面で新デザインの「Apple Watch Series 4」が今年登場?

  • 67,943

  • author 塚本直樹
大画面で新デザインの「Apple Watch Series 4」が今年登場?
Image: Justin Sullivan/Getty

ずっと待っていました!

登場してからそのフォルムの変わらない「Apple Watch」。しかし、今年はいよいよその姿に変化が見られるかもしれません。海外アナリストから、新デザインを取り入れた「Apple Watch Series 4」が今年秋(第3四半期)に登場するとの報告が登場しているんです。

KGI証券アナリストのミンチー・クオ(Ming-Chi Kuo)氏によれば(via 9to5Mac)、Apple Watch Series 4は現行モデルより15%大きいディスプレイを搭載し、ヘルスケア機能が強化され、駆動時間が延長されるんだとか。本体サイズは38mmと42mmの2種類で、そのデザインも「よりトレンディ」なものになるそうです。

一方で、従来機種は値段を下げて販売を継続。これにより、Apple Watchはさらにその売れ行きを伸ばすだろうと予測しています。最近はApple Watchを装着している人を街でよく目にしますし、今後はさらにスマートウォッチが一般化するのかもしれません。

新Apple Watchに追加されるヘルスケアセンサーとしては、これまでに「心電図計」や「血糖値計」の搭載が噂されてきました。画面サイズの大型化とこれらのセンサーの追加が同時に起こるのかどうかはなんとも言い難いのですが、もし本当ならうれしいですね。

LTE通信に対応した現行モデルの「Apple Watch Series 3」もかなり先進的でしたが、今年の新型Apple Watchはさらなる進化を遂げるのかもしれませんよ?

Image: Getty
Source: The Verge

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ