小さくてカワイい。3Dプリンターで作る電気自動車「LSEV」

  • 13,593

  • author 岡本玄介
小さくてカワイい。3Dプリンターで作る電気自動車「LSEV」
Image: Polymaker

お値段約79万円、印刷は3日間で完成します。

かつてまで3Dプリンターで作るなんてお話をご紹介しましたが、今度はEVです。作っているのはイタリアのスタートアップ企業XEVとPolumaker。

「LSEV」と名付けられた、ふたり乗り用のちっちゃいクルマ、その印刷に要する時間は3日間。一度の充電で約150kmの走行が可能で、最高速度はおよそ69km/hと、性能もコンパクトにまとまっています。

Video: Polymaker/YouTube

社長は「他社が作る3Dプリント自動車は、うちの小ささと強度と比較することはできない」と自信たっぷり。

一般的な自動車は2,000個ほどのプラスティック製パーツを使用するそうですが、これだとたったの57個で済むとのこと。それに完成品は450kgとかなりの軽量。ただシャシー、シート、ガラスだけは印刷ではないそうです。ついでに普通の自動車ならモデリングの製作に3~5年かかってしまいますが、これだと3~12ヶ月という短期でできてしまうのも利点です。

XEV社にはすでに欧州から7,000台の注文が入っており、そのうち5,000台がイタリアの郵便局からで、2,000台がBNPパリバ銀行が所有する自動車リース会社のArvalなんですって。

本格的な製造は2019年より始まります。アジアにも輸出されるそうなので、旅先で見かけることが増えそうですね。機会があれば運転してみたいものです。



Image: Polumaker
Source: YouTube via CNBC, Polumaker

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by