結局、AirPowerっていくらで販売されるの?

  • 15,585

  • author 塚本直樹
結局、AirPowerっていくらで販売されるの?
Image: Apple

意外とお高いかも…?

2017年9月に発表された、Apple(アップル)初のワイヤレス充電マット「AirPower」。こちらは2018年中の発売とだけ案内されており、具体的な発売日だけなくその価格も不明となっています。

そこでこの記事では、AirPowerがいくらで販売されるのかを過去情報から推測してみたいと思います。もちろん公式情報は何もないため当たるも八卦当たらぬも八卦なわけですが…もしかしたら、ある程度の心構えができるかもしれませんよ?

20180322nair2
Photo: ギズモード・ジャパン

AirPowerで充電できるのは「Apple Watch(対応モデル)」や「AirPods(新ワイヤレス充電ケース)」、ワイヤレス充電に対応したiPhone。これらの機器を3台同時に充電できるのが、AirPowerの強みでしょう。充電規格として「Qi(チー)」に準拠しており、正式な充電能力は公開されていませんが、未確認ながら合計で29Wの大容量充電が可能との情報もあります。

さらに、台湾紙のDigiTimesはその発売時期が3月末になると報じています。3月はもう終わりが近いですし、そろそろ何らかの発表があってもいいはず。もしかしたら、3月27日(現地時間)に開催される教育者向けイベントで情報公開があるのかもしれません。

20180322nair3
Image: Apple

さて気になる価格ですが、ポーランドのオンラインサイト「X-Kom」が以前に199ドル(約2万3000円)で販売されると伝えたことがあります。残念ながらAirPowerの価格に関する情報はこれまでもこの情報以外に目立ったものはなく、その真偽も不明。しかし、2万円オーバーという価格は、ワイヤレス充電マットにしてはかなりお高いプライスといわざるを得ません。

20180322nair4
Image: Apple

では、ライバル製品を見てみましょう。たとえばApple関連の周辺機器でおなじみBelkinからは、7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応した「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」が販売されています。こちらは6,980円(税別)となっており、iPhoneをケース付きのまま充電できると謳っていますね。ただし一度に充電できる機器は1台です。

20180322nair5
Image: Apple

またmophieからは、同じく高速ワイヤレス充電に対応した「mophie wireless charging base」が登場しています。こちらも価格は6,980円(税別)と、安くはないもののごくごく常識的な価格ですが、こちらも一度に充電できる機器は1台。

仮に、3台同時に充電できるAirPowerの代わりをBelkin or mophie3台で実現するとしたらどうなるでしょう? 単純計算で、約2万1000円かかりますよね。そこにAppleプレミアを足したら……と考えると、2万3000円は案外リアルなプライスかもしれません。よって、ギズは2万1000円〜2万5000円と予測します!

残念ながら、AirPowerの販売価格に関してはコレといった確かな情報がないのが現状なので、我々が推測できるのはここまででしょう。ただし、3つのデバイスが高速ワイヤレス充電できるとすれば、それなりに複雑かつ高価な製品になることが想定されます。もしApple純正のワイヤレス充電マットが2万円近く・超えになっても、みなさんは欲しいですか?


Image: Apple
Photo: ギズモード・ジャパン
Source: DigiTimes, MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ