シュートを絶対外さない。トヨタのバスケットボールAIロボット「CUE」

  • 8,093

  • author 岡本玄介
シュートを絶対外さない。トヨタのバスケットボールAIロボット「CUE」
Image: shutterstock

製作の動機はマンガ『スラムダンク』の2万本シュート。

B.LEAGUEに所属する、プロバスケットボールチームのアルバルク東京新メンバーが加わることになりました。トヨタが開発した100%シューター「CUE」AIにシュートを学習させ、20万回も練習をさせたロボットなのです。

彼の背番号は70、身長は190cmで、ポジションはSG(シューティングガード)。特徴は、狙ったシュートを100%外さない(ペイントエリア内)、スナイパーのようなメンバーなのです。

ではシュートを決める姿をチェックしてみましょう。

Video: ALVARK TOKYO/YouTube

ザック・バランスキー選手と安藤誓哉選手が「CUE」と10本のシュート対決をしましたが、見事に「CUE」が勝利。

Video: 朝日新聞社/YouTube

安藤選手は、「さすがに一本くらいは外すのかなぁと思ったんですけど……完敗ですね」と悔しさを露わに。対してバランスキー選手は、「最初から勝ち目はないのかなと思って。まぁ当然の結果だと思いますね」とハナからトヨタの技術を認めていたようです。

「CUE」のお披露目は、3月28日(水)アリーナ立川立飛にて開催される栃木ブレックス戦です。


Image: shutterstock
Source: YouTube (1, 2) via Fresh Gadgets, ALVARK TOKYO

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by